『連続ドラマWアキラとあきら』に出演する2人

写真拡大

 ドラマの舞台は1980年代後半、バブル全盛の頃。大企業の御曹司でエリート銀行員・階堂彬(向井理・35才)と、父の会社が倒産し、夜逃げをするなど、過酷な人生を生きてきた、天才バンカーの山崎瑛(斎藤工・35才)。WOWOWの『連続ドラマWアキラとあきら』(7月9日開始)で好対照な2人の「あきら」を演じる、向井理と斎藤工に話を聞いた。

──実年齢が同い年ということで、お互いを意識することはありますか?

斎藤:綾野剛(35才)や金子ノブアキ(36才)など、同世代で意識している俳優は何人かいて、オサムもその1人。ぼくたちは同じ時代に同じ職業をしているから、いい化学反応というか、刺激をもらっています。

向井:ぼくらが演じている“アキラとあきら”もそうですが、同じ光景を見て育ってきた安心感があり、共通言語もたくさんある。タクミとは、話さなくてもお互いのことがわかるんです。

〈オサム、タクミと呼ぶほど仲がいい。その絆は、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』(2010年)での共演から始まる。この作品では、向井演じる漫画家・水木しげるのアシスタント小峰章役で斎藤が出演。その後、2度…NHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』(2011年)、BeeTVドラマ『最上のプロポーズ』(2013年・オムニバス)で共演し、今回は初のライバル役だ〉

──プライベートでも仲がいい?

向井:今でこそ、タクミがプライベートでうちに遊びに来るほど仲がいいんですが、初めて会った時は、変な奴だなぁと思って見てました(笑い)。

斎藤:オサムは客観性があって、いい意味でクールだから、階堂に通ずるところがある。あと、そこはかとなく品位がある。

向井:そんなことないよ。

斎藤:まあ、優雅さとクールさの両方持ち合わせているのがオサムだよ。

〈ドラマはバブル経済とその崩壊など、激動の時代を背景に、2人の人生を描いていく〉

──改めてバブルの時代をどう思いましたか?

向井:経験はしてみたい時代ですね。当時は誰もバブルが弾けるなんて思ってもいなかっただろうし、どこまでも青天井だとみんなが信じて生きてきた時代だから、面白いなと思いますね。当時の人々を見て“浮かれてるな〜”と思う半面、今とは違うパワーで日本が動いていて興味深い。だから、崩壊するとわかっていても、あの時代にタイムスリップしてみたいですね。

斎藤:それに映像の世界では、バブルの時代に生まれたトレンディードラマの影響が今でも残っているから、実際にあの時代を見てみたい。浮かれていることに誰も気づいていない、特殊な時代だったと思うし。

向井:経験できるのなら、打ち上げを海外でやりたい。あの時代に、テレビドラマの打ち上げをハワイでやっていたって聞いたことがあるんですよ。それは素直にいいなと思うよね。国内で済むのにわざわざ海外で打ち上げをするとか、そういうお金の使い方、してみたいですね。

斎藤:ぼくの父は昔、映像を作る現場にいたんだけど、まさにバブルの時代だったから、当時、父が海外に行く理由をいろいろ探していたのを覚えている。いろんなところに出かけて、経験して、スケールが大きいな〜と思っていました。でも今は、どの作品でも予算とスケジュールがないのが、前提ですから(涙)。

撮影/横田紋子

※女性セブン2017年7月13日号