美への意識が顕著に表れるのが、お尻。

“健康美”という言葉がもはや定番となった近年。

フィットネスや健康的な食生活への意識は、かつてないほどに高まっている。

お尻は女性の象徴であり、普段の生活習慣やカラダ年齢が顕著に表れると言われる。

美尻を持つ女たちの秘密。その真相を、探っていこう。




<今週の美尻美人>

名前:西内ひろ
年齢:28歳
職業:タレント/モデル

西内さんのInstagramはこちら:0214hiro


準ミスはエクササイズが日課となっている


2013年のミス・ユニバース・ジャパン東京大会グランプリ、2014年のミス・ユニバース・ジャパンでは準ミスに輝いた西内さん。

その圧倒的な美とポジティブなオーラで、西内さんが登場するなり場が一瞬で華やいだ。

「美の秘訣は、よく笑って、よく動くこと。運動して汗をかくことが何よりのストレス発散になりますし、気持ちもリフレッシュできます。」

週に2〜3回はジムに通い、筋トレなどの無酸素運動と有酸素運動を交互に行っている。

また、ヨガも西内さんにとっては欠かせない大事なルーティーンワークである。

「運動は朝に行うことが多いですね。頭も体もスッキリし、その日1日を、また新たな気持ちで頑張ろう!と思えるんです。」

スラリとした長い手足に小さな顔。そんなスタイル抜群で華奢に見える彼女だが、トライアスロンに挑戦したことがあるほど、実は運動好きだ。




海外の女性が教えてくれた、本当に魅力的な女性の身体


芸能界で活動し、モデルという職業柄、様々なダイエットにも挑戦してきた。

それ故に、日本人が未だに縛られている“細ければ良い”という呪縛に悩んだ時期もあったそうだ。

「食べないダイエットをしたこともありました。でも海外へ頻繁に行くようになり、向こうの女性たちの、女性らしいメリハリのある身体、そしてしっかり食べて、しっかりトレーニングをする、というライフスタイルに目覚めたんです。」

海外の女性たちは、日本人のように細さに囚われている人は少ない。

メリハリのある、少しカーヴィーな体つきの方が好まれる傾向にある。

「ただ食べずに痩せるのではなく、しっかり食べて、しっかり動く。美味しい物を食べないと人は幸せにはなれないし、心身ともに健康でいられる人が一番美しいと思うから。」

海外旅行が趣味だという西内さんが、これまでに訪れた国は計30カ国。

そこでオープンマインドで、人生を楽しんでいる様々な女性たちに出会い、お尻を鍛える大切さ、体を健やかに保つ大切さを学んだ。

「お尻は、女性らしさを象徴する大事な身体のパーツ。お尻を鍛え、ウエストを絞ることでメリハリが出るので、意識して鍛えるようにしています。」


こんな楽しそうなトレーニングがあったとは!楽しみながら美尻作り


美尻トレーニング.曠奪肇茱


「豊洲にある『FOLE』でイメージモデルを務めさせて頂いてるんですが、ここは広い施設内にたくさんの設備があり、飽きずに楽しみながらトレーニングを続けられるんです。」

そう西内さんが話す通り、『FOLE』には様々な設備が揃っている。ヨガが好きだという西内さんは、まずヨガで汗を流すことも多い。

これは両手をつき、片足を伸ばす半月のポーズ。太ももの内側の筋肉を刺激し、お尻と太ももの境界線を綺麗に作る。


美尻トレーニング➁ViPR(バイパー)


フィットネス界が注目しているという新たなトレーニングツール・ViPR(バイパー)。この筒状のツールのことを指すのだが、身体を機能的に使用し、体幹を鍛えることができる優れものだとか。

まず肩幅に足を広げ、手を伸ばした状態で頭上にViPRを持つ。次に、ViPRを足の間に振り落とすような感覚で上下に動かす。

お尻を突き出し、重心を低めにするのがお尻の筋肉に働きかけるポイントだ。


美尻トレーニングインドアバイク


音楽に合わせて自転車を漕ぐ、巷で話題のエクササイズ。リズムに合わせて身体を動かすことで全身のエクササイズとなり、特に下半身に効く。

より一層ヒップアップ効果を狙うなら、サドルの高さを通常より少し上げた方がいいそうだ。


好物は、北京ダッグ!我慢せずにバランスを意識する


スラリとした体型の西内さんだが、先述したように、無理なダイエットは行っていない。また、食べることが大好き!と宣言しているように、食事は美味しく頂くというのがモットーだ。

「実は、北京ダックが大好物で...(笑)新宿御苑にある『礼華』の北京ダックが好きで、頻繁に通っています。」

その他にも、しゃぶしゃぶの『あじと』も好きで、こちらもよく行くという。

「食べるのを我慢するのではなく、朝・昼・晩とバランスよく食べることを意識しています。」

食べる量よりも質にこだわっている西内さん。野菜を意識的に多く摂取するよう心がけており、ご飯にスーパーフードと呼ばれるキヌアを混ぜて炊いたりしている。


ミス・ユニバース出場経験が教えてくれたこと


ミス・ユニバース出場によって、西内さんは様々なことを学んだと言う。

「体を鍛えるのと同じように、心もトレーニング次第で強くなれる。」

一人旅も多く経験し、自分の知らない世界を見て、肌で感じることを大切にしている西内さん。

好奇心旺盛で、常に向上心を持って生きているように見える彼女だが、自分の好きなことをして輝くためには、まず心と体を鍛えることが大事だと学んだ。

「健康とは、自分がHappyでいるためのモチベーション」

最後に、西内さんはとびっきりの笑顔でそう教えてくれた。

撮影協力場所:FOLE フィットネスクラブ

西内ひろ
Instagram:0214hiro
Twitter:西内ひろ

西内ひろプロデュース 特別トータルビューティーイベント開催


▶NEXT:7月9日 金曜更新予定
お尻を鍛えていたら腹筋も割れちゃった?6パックのくびれ美人

【これまでのWhat Is Hip? 】
Vol.1:「だから私はお尻を鍛える」美人モデルの桁外れなこだわりとは?
Vol.2:美少女戦士セーラームーンに出演モデルは、ピラティス講師に大変身
Vol.3:まだ、鍛えてないの?ヨガ講師が説く未来への投資は、お尻を鍛えること