山崎育三郎(画像提供:テレビ朝日)

写真拡大

【山崎育三郎/モデルプレス=7月2日】俳優の山崎育三郎が、初めて主演を務める連続ドラマ「あいの結婚相談所」(毎週金曜よる11時15分〜※一部地域を除く/テレビ朝日系)で、テーマソングを歌唱することが分かった。合わせて、同作の追加キャストが発表された。

山崎育三郎、“似てる”と話題のジャニーズWEST重岡大毅と初共演 念願の対面にコメント

加藤山羊作画、矢樹純原作の人気コミックを映像化した同作。元動物行動学者の准教授・藍野真伍(山崎)が所長を務める「あいの結婚相談所」を舞台に、毎回、結婚に悩むワケあり依頼者をゲストに迎え、入会金200万円、成婚率100%の同相談所が“あらゆる手段”を用い依頼者の願いを成就させていく。

そして、山崎は劇中で「Congratulations」と「あいのデータ」という2曲をドラマのストーリーにリンクした形で披露。山崎は「2曲のテーマソングはドラマの流れの中で藍野が歌っていたり、カップルを祝福する時に披露されます」と紹介し、「レコーディングの時には藍野としての気持ちも込めて歌いましたが、新しいウェディングソングの定番楽曲として広まってくれたら嬉しいです」とコメントした。

なお、2曲は、山崎育三郎としては初のオリジナルシングルとして8月16日にCDリリース。28日には「テレ朝夏祭りSUMMER STATION LIVEアリーナ」への登場も予定している。

◆共演者も発表


さらに、藍野とヒロインのシスター・エリザベス(高梨臨)を取り巻く共演者も発表。

「あいの結婚相談所」のオーナー・都築賢一郎役で鹿賀丈史、相談所の会計事務員・土師野郁江役で前田美波里というベテラン2人が出演。加えて、結婚相談所の大学生アルバイト・真壁男夢に中尾暢樹、同じく相談所のメンバー・橘シャーロット麻理子役に山賀琴子というフレッシュな2人も起用された。(modelpress編集部)

■山崎育三郎コメント


今回「Congratulations」と「あいのデータ」の2曲のテーマソングはドラマの流れの中で藍野が歌っていたり、カップルを祝福する時に披露されます。レコーディングの時には藍野としての気持ちも込めて歌いましたが、新しいウェディングソングの定番楽曲として広まってくれたら嬉しいです。

このドラマはミュージカルのようにシリアスな言葉を歌で繋いでいくという作品ではありませんが、藍野は歌うことで喜怒哀楽を表現したくなるキャラクターなので、歌がドラマに入ることも成立するんです。ドラマの中でもミュージカルの要素をどんどん出して皆を引っ張っていけたらと思います。

鹿賀(丈史)さんは、僕が衝撃を受けた憧れの「レ・ミゼラブル」というミュージカルで初演からずっと主演されていた方です。舞台ではなく映像でご一緒するのは初めてなのでワクワクしています。僕は鹿賀さんの声の大ファンでもあるので、ドラマでもぜひ歌って欲しいです。ミュージカルの大先輩である前田さんとは初めてご一緒させていただきます。鹿賀さんと前田さんがこの作品で歌を披露されるのを僕自身楽しみにしています。

■鹿賀丈史コメント


結婚相談所を舞台にいろいろな人間模様が見られる、というのは面白いシチュエーションだと思います。その中で僕は結婚相談所のオーナーなんですが、今のところ正体がよくわからない(笑)。不可思議な男なので、そんな人間を魅力的に見せることができれば、と思っています。

(山崎)育三郎君は音楽的にも才能があるし、芝居がナチュラルで自然体。そんな彼が、藍野というある優しさを持った所長を演じるので面白くなると思います。ただ台本を読むと歌うシーンが結構多い。僕にも歌を、というお話があって、いいですよとは言ったのですが、踊りは勘弁して欲しいなと(笑)。 僕が演じる都築は歌うとしても渋めに歌うキャラではない。明るいキャラクターなので、どんな風に歌うのか、その点も楽しみにしています。

■前田美波里 コメント


監督が舞台の要素を取り入れた演出をしてくださるので、舞台人の私としては自由に楽しませていただいています。山崎(育三郎)さんのコミカルな演技も、舞台人らしく私の波長と合っている。私はオーバーアクションでくるとつい倍にして返したくなってしまうので、それを抑えるのが大変です(笑)。でも、監督はそれを望んでくださるので、オーナー役の鹿賀(丈史)さんと3人揃ってミュージカルでもやるのか、という感じですね(笑)。

山崎さんとは初共演ですが、根本的に歌と踊りがあって芝居がある、という方が私や鹿賀さんと同じで居心地が良さそうですね。私も歌うシーンがあるそうなので、どんな歌になるか楽しみにしています。

【Not Sponsored 記事】