北京と上海を結ぶ京滬高速鉄道を運営する京滬高速鉄道株式有限公司は29日、「京滬高速鉄道は6月30日でその開通から満6周年を迎える。これまでに乗客延べ6億3千万人輸送し、著しい経済効果と社会的効果を上げてきた」ことを明らかにした。人民日報海外版が伝えた。

今月30日で同鉄道は運行日数が2193日に達し、累計運行本数は58万3879本に達して年平均増加率は18.6%となり、累計旅客輸送量は延べ6億3千万人を突破して年平均増加率は21.2%になる。

同鉄道は2014年に黒字化を達成し、15年に株主への配当を実現、16年と17年上半期には利益水準がさらに向上した。今年は1日あたり平均426本運行し、1月19日には499本という歴史的記録を樹立し、5月1日には延べ66万6千人を輸送して1日あたりの記録を更新した。旅客はまるで路線バスのように気軽に、ニーズに合わせて乗車し、利用することができる。

この6年間で同鉄道は輸送力と輸送量が年々増加し、関連サービスのモデル転換と革新が進み、ブランド効果もみられるようになった。同時に、同鉄道は北京・天津・河北地域と長江デルタ地域とを結ぶ架け橋の役割も果たし、経済社会の急速な発展を促進している。(提供/人民網日本語版・編集KS)