ローマのアルゼンチン代表MFパレデス、約30億円でゼニト移籍

写真拡大

▽ゼニトは1日、ローマのアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデスを獲得したことを発表した。移籍金は2300万ユーロ(約29億5000万円)+ボーナスで400万ユーロ(約5億1000万円)増額される契約となっている。契約期間は2021年6月30日までの4年間。

▽2014年にボカ・ジュニアーズからローマにレンタル移籍で加入したパレデスは、翌年に完全移籍で正式にローマの一員となった。2015-16シーズンにレンタル先のエンポリでレジスタとしての才能を開花させると、復帰した今シーズンはリーグ戦27試合に出場し、3ゴールを記録するなど、準主力として活躍した。

▽パレデスはローマの公式サイトで次のようにコメントしている。

「長年に渡ってサポーターが示してくれた愛情には、敬意と感謝しかない。サポーターには僕が常に側にいると伝えたい」