「iPhone8」のホワイトモデルを描いた、完成度の高い3Dレンダリングが公開されました。ディスプレイにTouch IDセンサーが埋め込まれ、背面がガラス製でデュアルカメラが縦に並ぶという、現時点で有力視されている噂を反映しています。

シルバーのフレームとホワイトの組み合わせが美しいiPhone8

「iPhone8」の3Dレンダリング画像を公開したのは、これまでにiPhone8などの美しいレンダリング画像を公開している、マーティン・ハジェク氏です。
 

ハジェク氏が描いた「iPhone8」のホワイトモデルは、ディスプレイ縁のベゼルと、ガラス越しに見える本体色が白くなっています。
 

 
落ち着いた銀色のステンレスと白の組み合わせは、上品さが感じられます。
 

 
ディスプレイに表示されているのは、iOS11の新機能で、運転中であることを自動検知してiPhoneの通知をオフにする「Do Not Disturb while driving」モードの操作画面です。
 

 
先日、パーツ画像が流出した、ディスプレイ上部のインカメラやイヤースピーカーが収まるエリアは、ベゼルと同じ白で塗られています。
 

ブラックモデルのレンダリングも同時公開

ハジェク氏は、同時にブラックモデルのレンダリング画像も公開しています。
 

 
ディスプレイ上部のインカメラやイヤースピーカーのエリアは黒で、完全な黒を表示できる有機EL(OLED)との相性が良く、前面がスッキリして見えます。
 

 
ブラックモデルの背面にあるAppleロゴはメタリックなシルバーで描かれています。
 

 
数多くのリーク画像やモックアップ(模型)に関する情報が報じられている「iPhone8」ですが、今年秋のAppleによる公式発表までは、確実なことは分かりません。
 
例年どおりの日程なら、「iPhone8」の発表まで、あと2か月あまりです。

 
 
Source:Martin Hajek via 9to5Mac
(hato)