「30歳になったメッシ、まだ達成できていない10の記録」

写真拡大

先日、30歳の誕生日を迎えたリオネル・メッシ。フットボール界の生ける伝説として、バルセロナとアルゼンチン代表において記録という記録を塗り替え続けている。

ここでは、『Squawka』による「メッシがまだ成し遂げていない10の記録」を見てみよう。

その1:バルセロナでの最多試合出場

2004年に10代でバルサにデビューしたメッシ。これまで583試合に出場しているが、これはまだクラブ歴代4位の数字だ。

歴代1位はチャビの767試合、2位はイニエスタの630試合、3位はプジョルで593試合だ。イニエスタもバルサでプレーしていることから、メッシが記録を塗り替えるにはしばらく待つ必要があるかもしれない。

その2:コパ・デル・レイでのバルサ史上最多得点

近い将来、この記録はメッシが楽に達成できるように思える。

現在の記録は元スペイン代表MFジョゼップ・サミティエールが持つ65ゴールだ。彼は1919〜1932年までバルサでプレーした選手(その後はレアル・マドリーでも)。

メッシのコパでの通算得点数は44で、あと21ゴール足りない。とはいえ、過去4シーズンは5ゴールずつ決めているので、記録を抜くまでにはそれほど掛からないかもしれない。

その3:アルゼンチン代表での最多出場

メッシはすでにアルゼンチン代表で最多得点記録を樹立している。そして、最多出場記録保持者になることも目指しているところだ。

現在のキャップ数は118で歴代3位。歴代最多は、すでに引退しているハビエル・サネッティの143試合だ。136試合で2位につけているのは、バルサで同僚のハビエル・マスケラーノ。

その4:アルゼンチン代表におけるW杯での最多得点

その能力を考えるとやや驚きだが、メッシはワールドカップ本大会で14試合で5ゴールしか決めていない。

最多記録は、ガブリエル・バティストゥータの通算10ゴールだ。メッシが追いつくための時間はまだあるが、アルゼンチン代表は2018年ワールドカップの出場権をまだ確保できていない。

その5:UEFAチャンピオンズリーグでの最多得点

キャリアのほとんどにおいて、クリスティアーノ・ロナウドと競い合ってきたメッシ。CLでの通算得点では、ロナウドが現在首位に立っている。

エリートクラブが競うこの大会で、ロナウドは圧巻の105ゴールを記録。一方のメッシは94得点だ。

その6:欧州6大リーグでの通算得点

ロナウドがメッシを上回っているもうひとつの記録がこれだ。

ロナウドはスペインに来るまでにポルトガルとイングランドでプレーしており、その通算得点は372。一方のメッシは349ゴールだ。

その7:リーガでの最多ハットトリック

ハットトリック達成はほとんどの選手にとっては、かなり稀なことだ。だが、メッシにとっては日常茶飯事であり、すでにリーガで26度も達成。

しかし、ここでもロナウドの後塵を拝している。マドリーのライバルは通算32度のハットトリックをマークしているのだ。

その8:リーガでのホーム戦連続得点

リーガで数多くの得点記録を持っているメッシだが、とり逃がしている記録のひとつがこれだ。

バルサの先輩でもある元スペイン代表FWマリアーノ・マルティンが、1942〜43年にホームで18試合連続得点を記録している。これはメッシのみならず、どんな選手にとっても超えるのが難しいものだろう。

その9:バルサの選手としてCL決勝最多出場

メッシはバルサにおいて2009、2011、2015年のCL決勝に出場している。ただ、当時まだ18歳だった2006年のアーセナル戦には出場せず。最多記録はイニエスタの4度出場だ。

その10:エル・クラシコでの最多出場

メッシはすでにクラシコでの歴代最多得点記録を樹立している。宿敵マドリー相手にリーガでは16ゴール、通算では23得点を決めているのだ。

だが、最多出場記録はまだ破れていない。それを持っているのは元マドリーDFマノロ・サンチースで、通算43試合に出場。現時点でメッシはセルヒオ・ラモスと同じく34試合に出場している。