台湾で初のApple Storeが、現地時間7月1日、台北にオープンしました。開店前夜から行列していた多くのAppleファンが、開店と同時に店舗スタッフたちに出迎えられて入店しました。

前夜からの行列組を含む数千人が来店

台湾で初の直営店となるApple Taipei 101が、先日予告されていたとおり7月1日午前11時にオープンしました。Appleが、開店時の様子を撮影した写真を公開しています。
 
Apple Taipei 101は、台北を代表するランドマークタワーである台北101の地下1階と地上1階の2フロアに店舗を構えています。
 

 
店舗の前には、金曜日の夜から多くのAppleファンが行列していました。
 

 
Appleは、開店初日だけで数千人の来店客があった、と発表しています。
 

 
店内には、大型スクリーンと自由に配置できる椅子という、最近のApple Storeに共通するスペースがあります。開店初日から無料講座「Today at Apple」が実施され、多くの参加者がいました。
 

台湾はFoxconnやTSMCなど主要サプライヤーの本拠地

台湾は、Appleの最大手サプライヤーFoxconnのほか、iPhoneに搭載されているAシリーズプロセッサを生産するTSMCなど、多くの主要サプライヤーが本拠地を構える、Appleの製造上の重要地域ですが、これまで直営店はありませんでした。

 
 
Source:Apple
(hato)