「本田からイブラまで」と伊メディア特集 “移籍金ゼロ”ベスト11のトップ下に堂々選出

写真拡大 (全2枚)

錚々たる顔ぶれの中に本田がノミネート

 日本代表FW本田圭佑はACミランとの契約が満了してフリートランスファーの選手になったが、イタリアメディアが選出する「移籍金ゼロ、ベストイレブン」に名を連ねている。

 同国のサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が、「ホンダからイブラヒモビッチまで」と特集している。

 4-2-3-1システムに当てはめて作られたイレブンで、本田はトップ下の位置に名を連ねている。ミランで3年半を過ごした本田は、「サポーターに悲しみと喜びの混ざり合った感情を置いていった男」として紹介された。

 GKはFCポルトを契約満了となった、“聖イケル”こと元スペイン代表GKイケル・カシージャスが選出された。また、マンチェスター・シティを契約満了になるアルゼンチン代表GKウィリー・カバジェロも注目の存在としてピックアップされている。

 最終ラインは、シティとの契約が切れる元フランス代表DFバカリ・サニャ、レアル・マドリード退団のポルトガル代表DFペペ、ハンブルガーSVで日本代表DF酒井高徳と同僚のDFヨハン・ジュルー、シティ退団のガエル・クリシーの4バックが組まれた。また、その他の注目選手として5カ月間の所属でサウサンプトンを離れる元ウルグアイ代表DFマルティン・カセレスもピックアップされている。

マンCから最多3選手が選ばれる

 ダブルボランチはパリ・サンジェルマンの元イタリア代表MFチアゴ・モッタと、10シーズンに渡ってリバプールでプレーしたMFルーカス・レイバが組む形になった。そして、トップ下に入る本田の両脇はシティを満了となったスペイン代表MFヘスス・ナバスと、リヨンを退団するアルジェリア代表MFリカルド・ゲザスが入る。そして1トップは、膝の重傷によりマンチェスター・ユナイテッドが契約延長オプション行使を見送った元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが選ばれた。

 11人の注目選手のなかでは、シティから3人が名を連ね、選手の入れ替えに積極的なことが浮き彫りになっている。いずれも各クラブの補強ポイントに合致すればトップレベルでプレーできる選手が名を連ねた。ミランでの3シーズン半にわたるプレーではイタリアメディアから厳しい評価を受け続けた本田も、このタイミングで契約満了になる選手ではベストの11人という評価を手にしている。果たして、トルコの強豪ガラタサライやアメリカMLS行きなどが浮上している本田の新天地はどこになるのか。欧州メディアもその動向を注視しているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images