日本一黒いグラドルと呼ばれ、健康的な小麦色の肌と八重歯が覗くキュートな笑顔が魅力の橋本梨菜が、8枚目となるDVD『RINA Sunshine』(イーネット・フロンティア)を発売した。

今作は1月にグアムで撮影されたのだが、撮影日より2日前に現地入りしたという。「焼き日として2日前に行きました。体を焼くのも私の仕事なので、本番にしっかりした色になるように、プールに入ったり海でひとりで焼きに入っていました」と明かした。そんな気合十分で撮影された今作は、レストランでアルバイトをしている橋本のところに、偶然に現れた男性と恋に落ちるストーリー。「一緒に海やプールに行ったり、お風呂に入ったりととにかくラブラブです」と説明した。

一番のお気に入りのシーンについては「迷彩柄のビキニを着ているシーンなんですけど、ビーチで水鉄砲を使ってサバゲーみたいなことをしているんですよ。撃ち合いをして負けた方が相手の言うことを聞かないといけないんです。なぜか私の水鉄砲には水が入っていなくて、これ最初から私が負けるようにできていましたね。罰ゲームを当然受けましたけど、水鉄砲で集中砲火されて、そこでなぜかズボンが脱げるんですよ(笑)」とおどけてみせた。

今回の撮影では激しい動きも多くポロリが心配されていたのだが「撮影の時はガッチリガードしているのでポロリは無かったです。むしろプライベートの方がポロリをしちゃってます。ハワイに行った時にサーフィンに初挑戦したんですけど、必死になりすぎて出ているのはわかっていたんですけど、無視していました。向うはポロリは普通なので気にしないです」と大胆告白し、取材陣を驚かせた。

今では白い部分が無いくらいに日焼けしている橋本だが今日もその黒さが引き立つ水着を着用。「日焼けの色がわかりやすく蛍光色の水着を着てみました。おそらく今がこれまでの人生で一番黒いと思いますので、かなりイイ感じで日焼けが目立っていると思います」と笑顔でアピールした。

7月に入りこれからが夏本番。さらにどこまで美黒スタイルを見せてくれるか、今から楽しみにしたいと思う。