「うちにおいでよ!」と彼氏の家に行くことになったときって、ちょっとうれしくなってしまいますよね。だって自分のテリトリーに招き入れてくれたということは、彼に認められたということでしょうし、信用されているということですものね!
しかし、お呼ばれしたのはいいけれど、いざお邪魔してみると「これはないわ、残念すぎる!」と思った経験をしたことがある女性はけっこう多いみたいですよ。
そこで今回は、彼女が彼の家でひそかにドン引きしたことについて、ご紹介します。

彼の家でひそかにドン引きしたことって?

1: トイレ掃除がされていない

女性の感覚で言うと、来客前には掃除をしますよね? でも、男性はそういう細かいことを気にしない人も少なくないようです。実際、トイレ掃除をどのくらいのペースでやっているのかと一人暮らしをしている筆者の男友達に尋ねてみると、10人中8人が「そういえば2年くらいしていないかも!」とのこと。――仰天ですね。

2: 元カノの形跡がある!

これはガッカリというか……モヤモヤにつながりそうな事案ですが……。どう見ても女物のアイテムが部屋にあったら、聞くに聞けないし、一人で抱え込んでどんどん辛くなっていってしまいそうです。しかし、こちらも実際に男性の意見を聞いてみると「普段使わないものだから、つい捨てるのを忘れちゃうんだよね」ということでした。ほとんどの場合、深い意味があるわけではないようなので、気にしなくても大丈夫そうです。どうしても気になる場合は、ため込まずに彼に相談してみるといいと思います。

3: 部屋が汚い!

いったいいつ掃除機をかけたのか、それよりもこの至るところに巻き散らかされている洋服たちは洗濯済みのものなのか、それとも洗濯前のものなのか……。男性の部屋というのは、足の踏み場もないくらい混迷としていることも少なくないようです。乾燥機能付き洗濯機がタンス代わりというのは、もはやデフォルトだといえるかも!?

4: 調理器具と食器の少なさ!?

フライパンとコップ、ご飯茶わんと箸とお皿が1枚。あとは包丁とまな板さえあれば、男性はそれで暮らしていけるようです。私たち女性には、到底理解できっこない生活ですね。

5: 冷蔵庫がゴミ箱!

冷蔵庫の中に、ビールの空きカンやペットボトルなどのゴミを入れている男性もけっこういるみたいですよ。彼らは、置く場所がないから作る――のではなく「戻す」んですね。う〜ん、その発想はなかった!

今まで経験したものはありましたか? こう見てみると、キレイ好きで整理整頓が得意な女性がモテるというのは、男性が苦手とする分野だからなのかもしれませんね。