JDIがベゼルレススマホ用縦長液晶パネルを量産開始!

ジャパンディスプレイ(以下、JDI)は19日、ディスプレイの周囲(ベゼル)を4辺ともスリム化したデザインを実現する画面アスペクト比18:9のフルスクリーンスマートフォン(スマホ)用液晶パネル「FULL ACTIVE」を2017年6月より量産開始したと発表しています。

サイズは約6インチで、解像度は1080×2160ドット。これにより、JDI製液晶パネルを採用する「Xperia」や「Huawei」などからも縦長でほぼベゼルレスな「Galaxy S8」シリーズや「LG G6」シリーズのようなスマホが登場すると見られます。

FULL ACTIVEは高密度な配線レイアウトや加工、実装の技術を追求し、従来までの幅広であった画面下部のベゼルを大幅に縮小し、ディスプレイの上下左右4辺ともに狭額縁になった液晶パネルです。

新しいFULL ACTIVEのモジュール構造は、表示画面とほぼ同じサイズの商品デザインが可能となるため、ユーザーインターフェイス(UI)の自由度を拡げ、新たな商品価値の創造に貢献します。

またJDI独自の技術によってタッチセンサー機能をディスプレイに内蔵した第2世代Pixel Eyes製品となっており、さらなる狭額縁化や黒の表現力向上、濡れた手で触れても誤動作しにくいという特長も兼ね備えています。

なお、JDIでは2016年8月に5.5インチサイズでアスペクト比16:9のフルHD(1080×1920ドット)液晶パネル「FULL ACTIVE」を発表し、2016年度内の量産をめざしていましたが、今回、新たにアスペクト比とサイズを変えたパネルの量産を開始したということです。

Galaxy S8・S8+の縦長ディスプレイはかなり表示領域が広く感じられますし、見た目にも先進的な感じがしますので、是非、他のメーカーでも縦長ディスプレイの採用が続くと良いなと思います。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・ニュース&イベント : ニュースリリース | 株式会社ジャパンディスプレイ