G大阪、ファビオ加入後初ゴールで乱戦に決着で勝ち点3…仙台はホームでリーグ2連敗《J1》

写真拡大

▽1日にユアテックスタジアム仙台で行われた明治安田生命J1リーグ第17節のベガルタ仙台vsガンバ大阪は、アウェイのG大阪が3-2で勝利した。

▽勝ち点21で12位の仙台と、1試合未勝利ながら同29で4位につけるG大阪が激突した。ホーム公式戦2連敗中でリーグ2試合未勝利の仙台は、7ゴールでチーム内得点トップのクリスランが3試合ぶりに先発。2試合ぶりの勝利を見据えるG大阪は、アデミウソンを第10節以来の先発でピッチに送り込んだ。

▽試合が動いたのはしたのはG大阪だった。9分、倉田のスルーパスを左サイドのスペースに引き出したアデミウソンがボックス左からグラウンダーのクロス。この対応に入った増嶋のクリアミスを誘い、G大阪が先制した。

▽易々とG大阪にリードを許した仙台は、その後も攻守に不安定な戦いが続くと、11分にさらなる追い打ち。スリッピーなピッチに足を取られた永戸が足を痛め、早々に蜂須賀との交代を余儀なくされてしまう。

▽G大阪ペースで進む展開の中、徐々に前でボールを奪う姿勢を強めた仙台が反撃。24分、西村の落としからバイタルエリア中央の三田が得意の左足でゴールを狙うが、GK東口のファインセーブに遭い、同点のチャンスを不意にする。

▽それでも、攻撃の形を示し始めた仙台は41分、中野のサイドチェンジを受けた途中出場の蜂須賀が右サイドからカットイン。遠目から振り抜かれた左足の強烈なシュートは、またしてもGK東口の好守に阻まれた。

▽1点リードながら後ろに重心を置く戦いを強いられ始めたG大阪。前半に頭を負傷したクリスランに代えてハーフタイム明けから奥埜を起用してきた仙台に対して、迎えた後半も押し込まれる展開が続き、我慢の時間が続く。

▽そうした中、G大阪は70分にオ・ジェソクから右サイドでボールを受けた藤本が縦にスルーパス。不揃いな最終ラインに抜け出したアデミウソンの丁寧な横パスから井手口が右足インサイドで流し込み、G大阪が仙台を突き放した。

▽水を差された仙台だが、76分に蜂須賀が右サイドの敵陣深くからクロスを供給すると、ゴール前でフリーの西村がプッシュ。1点差に詰め寄ると、80分には三田の右CKがゴール前に流れたところを大岩が押し込み、仙台が追いついた。

▽試合を振り出しに戻した仙台は、その後も攻勢に出るが、G大阪が後半アディショナルタイム1分に底力を発揮。敵陣中央の位置でFKのチャンスを得ると、藤本の浮き球パスにファビオが頭で合わせ、G大阪が再びリードを手にする。

▽結局、ファビオの移籍後初ゴールで仙台との乱打戦に決着をつけたG大阪が、2試合ぶりの白星で3戦負けなし。仙台は健闘もむなしく、ホームで痛恨のリーグ2連敗となっている。