デウロフェウ 念願バルサ入り

写真拡大

FCバルセロナが買い取りオプションを行使した事を認め、正式にバルサの選手となるジェラール・デウロフェウに関してはクラブが彼をローン移籍、もしくはその他のクラブに売却する可能性について憶測が飛び交っていたが、本人が少なくとも1年はチーム・ブラウグラナにとどまる事を明かした。

【関連記事:バルサ デウロフェウ獲得決断】

「まだ全てが最近起きたばかりであり、話をする事がいくつかあるけど、全てが解決されるだろう。」
デウロフェウはスペインがドイツに敗れたU-21EUROの決勝後、そのように語った。

「僕が望むのはバルサのトップチームに残る事だ。もし君が野心的ならば、勝者になる事、そして最も偉大な選手達と一緒にいる事を望むはずだ。僕は自分の可能性を信じている。」
そう付け加えた。

さらにこのカタラン人ウインガーはこのように認めた。
「僕は確実に1年はとどまる。その後どうなるか見てみよう。」

「僕は今まで一度も手にする事がなかったバルサのトップチームでプレーするという、このチャンスを手にしている事に非常に満足している。」