大宮攻撃陣の前に壁として立ちはだかり続けた中澤。第一線でまだまだプレーするだろう。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ17節]大宮 1-2 横浜/7月1日(土)/NACK
 
 日本を代表する“鉄人”中澤佑二が偉業を達成した。前節・神戸戦でフィールドプレーヤーとしては浦和の阿部勇樹に並ぶ歴代1位タイの139試合連続フル出場に到達(最多は鹿島のGK曽ケ端準の244試合)。そして今節・大宮戦で積み上げた数字は140となった。
 
 J1通算出場試合数も歴代2位の554試合(1位は名古屋のGK楢粼正剛で631試合)。こちらもフィールドプレーヤーとしてはトップで、大宮戦のメンバー表での次点は河本裕之の226試合。どれほどのことか、推して知るべし。
 
 さらに中澤を中澤足らしめているのは、39歳にして今が働き盛りとも思えるプレーを披露する点だ。記録を作るための温情出場などでは決してない。この日も最終ラインを統率し、熟練のディフェンステクニックで壁として大宮攻撃陣の前に立ち塞がった。
 
 もちろん、スピードなどフィジカル面で衰えはある。しかし、それを補って余りある予測と判断力、高い経験値からくる駆け引きの上手さは、今でもJ屈指のCBであり続ける大きな要素となっている。
 
 両膝のテーピングは痛々しい。それでも、身体のケアにも人一倍気を使っている中澤にとって、「140」は通過点でしかないだろう。いつまで第一線で戦い続けられるのか。40歳を過ぎてもピッチを走り回っているはず。
 
 背番号22の連続フル出場記録が途切れる日が来ることを、今はまだ思い描けないでいる。
 
【大宮1-2横浜 PHOTO】アウェーの横浜が大宮の追撃をかわして5連勝!

取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)