MVPに選出されたダニ・セバージョス

写真拡大

スペインU-21代表セントロカンピスタのダニ・セバージョスは、U-21 EUROの大会MVPに選出された。
“ラ・ロハ”は決勝でドイツ代表に1-0で敗れ、準優勝に終わった。

【関連記事:バルサ狙う レアル行き問題児】

過去にはイタリアのアンドレア・ピルロ、ポルトガルのウィリアム・カルバーニョ、スペインのフアン・マタ、チェコのGKのペトル・チェフなどが同賞を受賞している。

ベティスに所属するセバージョスは大会を通して素晴らしい活躍を見せ、スペインの決勝進出に大きく貢献した。

■ゴールデンシューにサウル、2位にアセンシオ
またアトレティコのセントロカンピスタ、サウル・ニゲスは今大会5ゴールをマークし、大会得点王としてゴールデンシューを受賞した。
“ラ・ロハ”のチームメイトのマルコ・アセンシオがポルトガル代表のアルミンド・トゥエ・ブルマと並び、3ゴールで2位に入った。

スペインがドイツに敗れた決勝でもサウルは左足の強烈なシュートでゴールを狙ったが、相手GKがスーパーセーブで防いだ。
サウルは出場した試合で唯一、決勝のみノーゴールで大会を終える事となった。
準決勝のイタリア戦で記録したハットトリックが彼を得点ランキングトップへと押し上げ、最終的に5ゴール1アシストでゴールデンシューを獲得した。

■U-21欧州選手権の歴代得点王
2017:サウル・ニゲス(スペイン)5ゴール
2015:ヤン・クリメント(チェコ)3ゴール
2013:アルバロ・モラタ(スペイン)4ゴール
2011:アドリアン・ロペス(スペイン)5ゴール
2009:マルクス・ベリ(スウェーデン)7ゴール
2007:マセオ・リフテルス(オランダ)4ゴール
2006:クラース・ヤン・フンテラール(オランダ)4ゴール
2004:アルベルト・ジラルディーノ(イタリア)4ゴール
2002:マッシモ・マッカローネ(イタリア)3ゴール
2000:アンドレア・ピルロ(イタリア)3ゴール