不倫は”男の勲章”なの?既婚男性が不倫したくなる5つの瞬間

写真拡大 (全2枚)

不倫は良くないことだと分かっていても、不倫をしたいと思ってしまう男性も多いようです。
家庭がブレーキになるはずが、そのブレーキが壊れている場合、男性は不倫したいと思ってしまいます。

では、どのような瞬間に、男性は不倫したいと思うのでしょうか?

●(1)妻にかまってもらえない時

『子どもができたら子どもが一番になる、それは仕方のないことだけど僕はまだまだ可愛がられたいんです』(28歳/広告)

子どもが出来ると、奥さんは育児のほうに手がかかり、旦那とのコミュニケーションは二の次になってしまいます。
そんな時、男性は不倫したくなります。
寂しい思いから、他の女性に癒しを求める のです。

男性は認めて欲しいという願望が強いです。
そのため、妻から認めてもらえてない、かまってもらえないと感じると、他の女性にその埋め合わせを求めてしまうのです。

●(2)スキンシップを断られた時

『僕もまだまだ若いんで、どこかで発散しないと溢れちゃうんですわ』(29歳/営業)

妻の妊娠中に不倫をする男性が多いのは、この理由からです。
妊娠中は、情緒も不安定になるので、性欲を我慢することを余儀なくされます。
この場合、不倫相手は性的な欲求のみを満たす相手 となります。

また、妻に女性的な魅力を感じなくなった時も同様です。
男性は女性よりも刺激を求めやすいので、刺激を求めて他の女性と関係を持ってしまいたいという感情が沸くのです。

●(3)お酒を飲んだ時

『お酒は人の本性を出すものですから仕方ないです……。お酒って言い訳に使いやすいですよね』(33歳/鉄道)

お酒を飲んで酔っ払ってしまうと、理性が薄れ勢いに任せたくなります。
そんな時に魅力的な女性から言い寄られたりすると、不倫したくなるのです。

シラフの時ならば、家庭のことを考えて踏みとどまれることも、お酒を飲んで理性が薄れている時は快楽に走ってしまう可能性 があります。
もちろん奥さんを愛しており、誠実な男性であればお酒のせいにはしません。
奥さんと喧嘩をしているなどなんらかの要因があり、お酒の力を借りる時が一番危ないのです。

●(4)家庭で制限がある時

『たまには一家の主という立場を忘れて、1人の男になりたい瞬間があるんですよ』(31歳/コンサル)

時間的な制限や、経済的な制限などがあると、その束縛から逃げたいと思い、不倫したくなります。
現実逃避と言ったほうが分かりやすいかもしれませんね。

また仕事でストレスを抱えていて、家庭でも制約を受けている場合なども男性は不倫に走りやすいです。

●(5)お金に余裕がある時

『気持ちが上向きの時って手持ち無沙汰になるんですよね。そんな時は妻以外の女性と遊びたくなります』(34歳/広告)

少しお金に余裕があると、外で刺激を求めたいという欲求が出てしまいます。
お金がないと、食事へ行くことも、ホテルへ行くことも出来ませんよね。

また不倫をすることが男の勲章だと思っている男性も、少なくありません。
不倫していること=ステータスだと考え、少しお金に余裕が出てしまうと、不倫したいと考えてしまうのです。
これも認められたい欲求からきています。

----------

男性は意外にも、性的欲求だけではなく、精神的なことで不倫をしたくなるようです。
不倫をするのは、奥さんとの愛情で足らない部分を補おうとする欲求からくることが多いです。

やはり、不倫を防ぐには、夫婦間のコミュニケーションが必要なようですね。

(文/恋愛jp編集部)