吉田のサウサンプトン、今夏最初の補強は「大型DF」に決定!

写真拡大

日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは、レフ・ポズナニからポーランド人DFヤン・ベドナジェクを獲得したと発表した。

ベドナジェクは1996年生まれの21歳。190cmほどの長身を誇る大型ディフェンダーだ。

今日まで行われていたU-21欧州選手権にポーランド代表の一員として参戦。グループステージ全試合に出場している(イングランド戦では退場になったが)。

サウサンプトンとの契約は5年、セインツにとっては今夏最初の補強となる。

レズ・リード(サウサンプトン副会長)

「昨季全員が印象的なパフォーマンスを見せたフィルヒル・ファン・ダイク、吉田麻也、ジャック・スティーブンスらがいるポジションに、ヤンは更なる深みをもたらしてくれる。

彼は素晴らしいCBのオプションになるだろう」

ヤン・ベドナジェク

「サウサンプトンのようなクラブに加わることができてとても嬉しい。

自分にとっていいステップだと思う。サウサンプトンは若手選手にとって素晴らしいクラブだと聞いているからね。

なので、自分はここで成長できるはずさ。僕にとっていい移籍になると思う」

なお、サウサンプトンは週明けからプレシーズンがスタートするが、ベドナジェクはU-21欧州選手権に出場していたため、遅れて合流することになるようだ。