Doctors Me(ドクターズミー)- 家庭円満にも!?「おとう飯」を楽しくはじめるコツとお手軽レシピ

写真拡大

2017年6月12日に、内閣府が「おとう飯」というキャンペーンを開始し、各メディアでも賛否両論の意見が飛び交い、大きく取り上げられ話題になりました。

一体、どのような目的で企画され、実施にあたり問題点などがあるのかなど、皆さんも知りたいことがたくさんあるかと思います。

今回は栄養士の横川先生に「おとう飯」の詳細と、料理初心者のパパ達にも簡単にできる「おとう飯」レシピを教えていただきました。

おとう飯とは


今まで料理をしたことがない、料理をしたことはあるものの作ることをやめてしまったという男性に対し、料理への意欲を促すことで、男性の家事参加率を高めるための内閣府・男女共同参画局考案のキャンペーンです。(参考)

ちなみに、おとう飯はおとう飯(めし)ではなく、おとう飯(はん)と読みます。

おとう飯の目的


男性の家事参加時間を増やす


日本男性の家事参加時間が、欧米諸国に比べ短い状況にあることから、男性が家事に参加する時間を増やす目的で行われています。

■ 男性の家事参加時間の比較
・アメリカ:173分
・ドイツ:180分
・日本:67分

男性がキッチンに立つきっかけ作り


男性が料理をできない・しない原因に「難しい、面倒」など、料理に対する心理的ハードルが高いことが考えられています。

「料理は簡単で多少見栄えが悪くても大丈夫」と訴え、普段料理をしない男性がキッチンに立つきっかけ作りになれば、との想いが込められて企画されています。

(参照: 男性の暮らし方・意識の変革に関する専門調査会資料)

おとう飯が与える良い影響


奥さん


育児、家事疲れを緩和できる。

旦那さん


家事を協力してくれたことで、奥さんも旦那さんへの思いやり度がアップしやすい。

子ども


男性が参加することで男女関係なく料理をすることが自然に思え、子どもが大人になった時も抵抗なく取り組みやすい。

家族


一緒に料理や家事へ参加することで家族間の協力意識が更に高まりやすい。

また、奥さんが仕事や病気で料理が作れないなど、いざとなった時でも対応ができる家庭になりやすい。

料理や家事へのイメージ


料理というと、どうしても女性メインになりがち。

男性が料理をはじめ家事へ多少興味を示し、「難しい、面倒」などのイメージを払拭するきっかけとなる。

おとう飯で考えられる課題・問題点


旦那さんの休息時間がなくなる


長時間労働をしている男性には重荷となり、たとえ参加してもゆっくり休む時間がなくなる。

労働環境によって行うのが困難


民間の労働環境是正を同時進行せずに行うことで、理想だけが先走った案となり、実際の生活では活かしにくい。

奥さんの負担が増える


あまり料理をしたことがない男性は後片付けまで意識が回らない、調理器具の使い過ぎによって、奥さんが休むどころか後片付けに労力を出さないといけない可能性がある。

また、後片付けの問題で夫婦間がこじれることも。

料理時間がかかる


慣れていないことや、拘りすぎて料理時間がかかり過ぎてしまう。

食費が高くなる


家計まで気が回らず、その日だけで食材費がかかる。

横川先生考案「おとう飯」におすすめのレシピ


包丁なしレシピ!キッチンばさみで卵のホイル焼き


■ 材料 (1人分)
・卵:1個
・えのき:1/4株
・ベーコン:1/2枚 
・ピーマン:1/4個

・水:大さじ3
・しょうゆ:少々

・アルミホイル:全体が包めるくらい

【付け合わせ】
・ミニトマト:2個(お好みで)

■ 作り方
1. キッチンばさみばさみでベーコンは1枚を半分に、ピーマンは、縦半分に切ってへたと種を取り、幅3〜5mm程度に縦に切っていく。えのきはキッチンばさみで根元を切り落とし、長さも半分に切ってほぐしておく。

2. アルミホイルにベーコン、えのき、ピーマンの順で1を乗せ、アルミホイルを袋状にする。

3. 2に黄身が崩れないように卵を割りほぐし、アルミホイルを包む。

4. フライパンに大さじ3程度の水と3を入れ、蓋をして中火で5〜8分ほど蒸し焼きにする。

5. アルミホイルをあけ、具材に火が通っていたらミニトマトをトッピングして出来上がり。

■ ポイント
◎ 分量は1人分を目安としているため、家族が4人であれば×4にして増やして行ってください。

◎ 包丁を握った方があまりない方でもできるよう、包丁ではなくキッチンばさみで作れるレシピにしました。

◎ アルミホイルを袋状にするなどは、できるだけ皿のようにし、そこから全体を包めない場合はアルミホイルをもう1枚足し、上に被せて包むとよいでしょう。

おとう飯をはじめる際の心構え


おとう飯をキッカケに家族間のコミュニケーションをとる機会にもなることも考えられますが、どうしても仕事を中心としている男性としては休む日がなくなってしまうことにも繋がりかねません。

全て作らないと意味がないと思わず、まずは無理のない範囲で「ちょっと」を大切におとう飯を検討したり、はじめられたりするのが良いでしょう。

おとう飯のはじめ方のコツ


・ちょっとした時間があれば奥さんと一緒に料理をしてみる
・月1回からでも試してみる

最後に横川先生から一言


男性が料理を作ってくれたら嬉しい反面、後片付けのこと等が気になる奥さんも多いことでしょう。

おとう飯の日を少しでも楽しい日にするには、夫婦間でちょっとでもメニューや後片付けについて事前に話し合っておくのは1つの手だと考えます。

【監修:栄養士 横川 仁美】
プロフィール)
食と健康・美容を繋ぐ「smile I you」代表。
中学生の頃、家族が体調を壊し、やりたい事ができない姿をみる。その中で毎日食べる食の知識を持つことで何かが変わるような気がし、栄養士を志す。管理栄養士を取得後、メタボリックシンドロームの人へ向けた保健指導を中心に、ダイエットサポート、電話相談、雑穀販売等のカウンセリング等を通して、のべ2000人の方に、食のアドバイスに携わる。目の前の人の「今」、そして「これから」を大切にした食の提案を目指している。