宣伝部長に就任した菅田将暉

写真拡大

 俳優の菅田将暉が1日、東京都内で行われた「ファンタ宣伝部設立&ファンタ宣伝部長 菅田将暉 就任式」に出席した。

 炭酸飲料「ファンタ」では、ブランドロゴとパッケージを刷新。これに伴い「ファンタ」はティーンなどの若者を巻き込む新キャンペーンの一環として「ファンタ宣伝部」を設立。ファンタの顔として2016年からCMに出演している菅田が「ファンタ宣伝部長」に就任する運びとなった。

 クリーム地にストライプ柄のジャケット姿で登場した菅田は「紫のファンタグレープを持った時に一番、映える服なんです」とファッションポイントを紹介した。

 さらに「あとは“宣伝部長”ということでジャケットを…」と説明したが、これがまさかの“フライング”発表。司会者が「今、“聞いてはいけないワード”が聞こえましたが、後で、重大発表があるので」と観客に忘れてもらうようにお願いすると、菅田もハッとした様子で「ヤバイ…。俺のせいになっちゃう」と苦笑いを浮かべた。

 その後、重大発表の内容について「何なんでしょうね?」とトボケて笑わせた菅田は「ファンタは学生の時も毎日飲んでいたので、そんなファンタの大事な瞬間に立ち会えるのは不思議な気持ちです」と語った。

 友人にもファンタは大人気だそうで「(商品を)『送れ』と言われるのですが、『自分で買え』と言っています」と明かし、ニヤリと笑った。

 改めて“宣伝部長”就任が発表された菅田は「どうも部長の菅田です。僕でいいんですよね。光栄です」と喜び、宣伝部長の肩書入りの名刺を受け取ると「これ、外で配っていいんですよね?(人生で)初の名刺です。社会人というか、ちょっと大人な感じです」と笑顔を見せた。