ももち  そして伝説へ… サヨナラの言葉にファン号泣  嗣永桃子引退 (画像提供:所属事務所)

写真拡大

【嗣永桃子/モデルプレス=7月1日】カントリー・ガールズの“ももち”こと嗣永桃子が30日、都内で「嗣永桃子ラストライブ ありがとう おとももち」を開催し、同コンサートをもって15年におよぶアイドル人生と芸能生活に幕を下ろした。ライブ終了後、ももちはブログを更新し、ファンへの感謝をつづった。

ももちは最後まで“みんなのアイドル”だった 恋愛解禁・ファン&メンバーに向けて…引退直前の“最後の宣言”

◆「ももちは、ビジュアルもいいし愛嬌あるし、運もあるのでこれからも大丈夫です!!!」


2002年6月30日、ハロー!プロジェクト・キッズ オーデションに合格し、アイドルとして歩んできた15年間を振り返り、「私は、嗣永桃子が大好きです ステージで歌って、踊ってお話しして、バラエティ頑張って後輩と張り合って、同期にいじられて次の道へ進んで…どんな私も大好きです!」とつづったももち。「でも、こんなに自分を好きになれたのも、ファンのみなさんのおかげです」と“自分が大好き”なキャラクターを確立できたのもファンの応援があってこそだったと感謝を伝えた。

引退後は幼児教育の道に進むことを明かしているが、新たなスタートへの不安を微塵も感じさせず「ももちは、ビジュアルもいいし愛嬌あるし、運もあるのでこれからも大丈夫です!!!」と自信満々に宣言。

そして、「ファンのみなさん。私にたくさんの幸せをくれた分これからは、自分が幸せになって下さい!!みんなの幸せを心から願っております」と呼びかけた。

◆「ももちは伝説になったんだよ」


オーディション合格後、2004年にBerryz工房としてデビュー。「ももち」の愛称で親しまれ、バラエティ番組でも活躍した。2015年3月にグループが無期限活動停止となり、その後カントリー・ガールズの“プレイングマネジャー”に就任。決して平坦ではないアイドル人生だったが、「アイドルになれてよかった。みんなと出会えて幸せだった。そう思えた15年でした」と悔いはない。

「みんなとのたくさんの思い出、そして、今日の卒業ライブは、おばあちゃんになっても絶対に忘れません!だから、みんなもももちの事忘れないでね!15年間の想いをこめて…『ありがとう おとももち』」と最後まで前向きな言葉でブログを結んでいる。

ネット上では「ももちおつかれさま!15年間ありがとう」、「涙が止まらない。ベリキュー大好きだった」「たくさん泣いたし。今までありがとう。カントリーをありがとう」「最強のアイドルでした。ももちは伝説になったんだよ」「絶対忘れない。これからもがんばって!」とコメントが飛び交い、別れの辛さと共に感謝のメッセージが溢れた。(modelpress編集部)

情報:嗣永桃子

【Not Sponsored 記事】