ブッフォン、騒動の渦中にある後継者候補GKにアドバイス 「15分ほどの会話はした」

写真拡大

イベントに出席したブッフォン、ミランGKドンナルンマの問題について語る

 ACミランとの契約延長を拒否して騒動の渦中にあるイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマに対し、親子ほどの年齢差がある先輩の同代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、「15分間のアドバイス」を送ったという。

 イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 シーズンを終えてオフに入ったなか、ブッフォンはイベントに登場。そこでのトークショーでドンナルンマ問題について語ったという。

「僕は彼にこうした方が良いなんてことを言うことはできない。なぜなら僕は間違ってばかりだからね。だから、誰かに何かをアドバイスするなんていうと落ち着かない気持ちになってしまうよ。だけど、ジージョ(ドンナルンマ)と15分ほどの会話はしたんだ」

 ブッフォンは「その中身は秘密だよ」と煙に巻いたが、ドンナルンマのミラン残留の見通しについてはこう語っている。

「残留するかどうかについて、僕はノーアイデアだね。だけど、彼は彼がより幸せに思えるような選択をするんじゃないかな」

 ブッフォンはドンナルンマとの話の中身こそ明かさなかったが、相談に乗ったことを示唆した。同じファーストネームを持つことからも“ブッフォン2世”と評され、イタリア代表正GKの後継者候補として期待されているドンナルンマにとって、ブッフォンとの15分間はどのような時間になったのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images