CRUSH、新曲「Outside」MV公開…愛犬目線のユニークな映像に注目

写真拡大

秘密ができそうで、どこにでも行けそうで、誰と一緒でも幸せそうなこの気分。CRUSHが想像する、CRUSHの音楽を聴く人々と楽しむ夏休みだ。

昨日(30日) 午後6時、CRUSHのニューアルバム「Outside」が発売された。今回のアルバムはCRUSHが金曜日の夜に遊びたかった気持ちを盛り込んで作った。そのため発売日も金曜日だ。細やかな逸脱で得るエネルギー。タイトル曲「Outside」をはじめ、「Summer Love」と「Don't be shy (Feat. Sik-K)」で夏の雰囲気を演出する。

タイトル曲「Outside」は休みたい、出かけたい、どこかに行きたい、楽しい想像を表現した。今すぐ休みに行けない気分を音楽とミュージックビデオに代えたのだ。リズミカルなメロディー、自由奔放な歌詞で休みの気分を表現した。Beenzinoのフィーチャリングまで加わって雰囲気はもっと盛り上がる。

「今日は何が起きるか気になる。外に出ると綺麗な女性も多いのに。風に体を任せるとどこにでも飛んで行けそう」という歌詞で始まった「Outside」は、誰かと共に夏休みに行きたい気持ちを歌っている。

ラッパーBeenzinoが入隊前に書いたラップは、リアリティのある内容でまた聴き手を楽しませる。

「鏡を見たら今日に限ってハンサム(yeah yeah) 国を守りに行くにはI'm too sexy(damn right) 腰に巻いたMaison Margiela、鞭、クモの足のように長い前髪 Too edgy ほとんど終わった、僕の外出の支度は。秘密がない人生、生きるのは大変。毎晩外に出て相手するのはうんざりcameras」

「Outside」のミュージックビデオにはCRUSHと彼が飼っている愛犬が出演した。愛犬の想像の中で休みに行く姿が愉快に描かれた。人間になって美人たちと余暇を過ごし、これまでやってみたかった様々なレジャーを楽しんだ。しかし現実はCRUSHの作業室の中。ただCRUSHと夜の散歩を楽しむワンちゃんに戻って来た。