エヴァートン、昨季22ゴールのナイジェリア代表FW獲得…今夏3人目

写真拡大

 エヴァートンはベルギーリーグのオイペンに所属していたナイジェリア代表FWヘンリー・オニェクルと契約を締結した。クラブ公式サイトが6月30日正式発表した。

 オニェクルはベルギーリーグのオイペンから今夏エヴァートンに移籍し、2022年6月末までの5年契約を締​​結したが、2017−18シーズンはベルギーリーグのアンデルレヒトに1年間のレンタルで加わることになっている。

 現在20歳の同選手は、18歳でオイペンと契約を結び、プロデビュー。同クラブでの2年間で通算60試合に出場し30ゴールを決め、平均で2試合に1得点をマークした。昨季はリーグ戦38試合に出場し、22ゴール9アシストを記録している。オニェクルは、2017年6月のトーゴ戦でナイジェリア代表デビューも果たした。

 同選手はエヴァートンにとって、U−21イングランド代表GKジョーダン・ピックフォード、オランダ代表MFダフィ・クラーセンに次ぐ、今夏3人目の補強となった。