稲村亜美が「大谷翔平と熱愛」完全否定も球界から「付き合っちゃえ!」の声

写真拡大 (全2枚)

 “神スイング”“神ピッチング”の異名を持ち、昨今は各球団の始球式に引っ張りだこのタレント・稲村亜美。

 プロ野球選手からも大人気の彼女だが、今年4月には球界の至宝・大谷翔平選手との“熱愛疑惑”が持ち上がった。

「4月上旬、大谷選手と稲村さんが同じタイミングでインフルエンザに罹ったのですが、その時、両者とも大阪に滞在していたのです。『“球界の至宝”と“球界の女神”が付き合っているのでは』とマスコミがザワつきました」(スポーツライター)

 その後、真相が判然としない中、6月28日放送のバラエティ番組「良かれと思って!」(フジテレビ系)に稲村が出演。「たまたまインフルエンザに罹った時期が一緒なだけです」と熱愛を完全否定した。

 この発言に稲村ファンの男性たちから「ガセネタでよかった」と安堵の声が上がっている一方、球界ではこんな意見も──。

「プロ野球関係者の中には稲村さんに『本当に大谷と付き合っちゃえよ!』とけしかけている人も多いですよ。“神スイング”“神ピッチング”の稲村さんなら球界最高の素質を持つ大谷選手のお相手としてピッタリ。今のところ交際の事実は無いようですが、今後、付き合うようになったとしても『“最強の遺伝子”が引き継がれる』と歓迎されるのではないでしょうか」(前出・スポーツライター)

 球界で高まる“至宝”と“女神”の交際待望論。何とも勝手な期待ではあるが…。

(白川健一)