V-Strom 250 パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー。(写真:スズキ発表資料より)

写真拡大

 スズキは、スポーツアドベンチャーツアラー「V-Strom(ブイストローム)」シリーズの250cc新型モデルとして、「V-Strom 250」を市場に投入、6日より販売を開始する。

【こちらも】スズキ、新型バイク「ジクサー」発売、インド生産車を初めて日本へ

 スポーツアドベンチャーツアラー。シティユースから高速道路、山岳路などの長距離ツーリングまで快適に楽しむことができるタイプのバイクである。既存のV-Stromシリーズとしては、V-Strom 650 ABS:90万7,200円、V-Strom 650XT ABS:95万400円、V-Strom 1000 ABS:140万4,000円、V-Strom 1000XT ABS:144万7,200円がある。

 新規の250ccモデルとなるV-Strom 250は、これらの中でエントリーモデルとして位置づけられることになる。メーカー希望小売価格は消費税込57万240円。目標販売台数は年間1万5,000台を見込む。

 主なスペックなどは以下の通り。

■エンジン

 水冷2気筒248cm3エンジン。フリクション低減や燃料効率向上を図り、低中速の扱いやすさを重視、また優れた燃費性能(39.0km/L)を実現する。

■車体

 アップハンドルによる前傾の少ないライディングポジションと、800mmのシート高による良好な足つき性を実現。また、フロントフォークには専用セッティングを施し、リヤサスペンションは7段階調整式。

■カラーリング

 黒/黄「パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー」、赤「ダイヤモンドレッドメタリック」、黒「パールネブラーブラック」の3色。

■装備

・フルデジタル多機能メーター・12Vアクセサリーソケットを標準装備・コンパクトなウインドシールドと、ナックルカバーを標準装備