就活スタイル編集部

写真拡大

説明会に行き、履歴書やエントリーシートを出し、試験、面接を受ける……内定一つもらうのにも、さまざまな段階を乗り越えていかなければならないので、大変な苦労をしますよね。では、一つでも内定をもらえたらそこで終了する人が多いのでしょうか。それとも、就活を続ける人が多いのでしょうか。就活を経験した社会人のみなさんに聞いてみました。

■就活の際は、一社から内定が出た時点で就職活動を終了しましたか? それとも、そのまま就活を続けましたか?

【大学生向け診断テスト】就活でよく聞かれる「あなたを色に例えると何色?」

就活を終了した 91人(43.8%)
就活を続けた 117人(56.3%)

■その理由や実際にあったエピソードなどを教えてください。

<就活を終了したと答えた人>

●第一志望から内定をもらった

・その企業が第一志望で、他の企業には興味がなかったから(男性/29歳/その他)
・自分が一番入りたい会社だったから(女性/24歳/運輸・倉庫)
・他には興味がなかったから(女性/42歳/その他)
・希望の会社だったから(男性/25歳/小売店)

●就活に疲れてしまった

・もう嫌だった(女性/28歳/情報・IT)
・気力の限界だったから(男性/28歳/警備・メンテナンス)
・就活自体長引いたため。早く終わらせたかった(女性/22歳/建設・土木)
・もう疲れていたから(女性/27歳/学校・教育関連)

<就活を続けたと答えた人>

●可能性を求めた

・可能性がある限り挑戦したかった(女性/46歳/その他)
・他にも面接を受けたい企業があって、可能性がある限り挑戦したかったから(男性/34歳/機械・精密機器)
・よりよい条件の会社があると思った(男性/28歳/団体・公益法人・官公庁)
・もう一社可能性があったから(女性/29歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

●第一志望ではなかった

・第一希望ではなかったから(女性/27歳/アパレル・繊維)
・本命じゃないから(女性/27歳/金融・証券)
・志望した企業じゃなかったから(男性/38歳/小売店)
・他の先が本命だったから(女性/25歳/金融・証券)

結果はどちらも半々に近いですが、若干就活を続けた人が多かったですね。最初の内定が第一志望の企業からかどうかが、就活を続けるかどうか左右しているようです。あまりの大変さに、続けるのが嫌だった人も多くいました。

いかがでしたでしょうか? どれだけたくさん内定しても、実際に行ける企業は一つ。内定も一つあれば十分かもしれませんが、どうしても行きたいところがあれば、諦めずにチャレンジし続けるのもいいかもしれません。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年6月
調査対象:就活を経験した5年目までの社会人男女208人