ロナウジーニョの魔法のフェイント

写真拡大

約2年前に現役を退いたブラジル人、ロナウジーニョはカンプノウで行われたバルサとマンチェスター・ユナイテッドのレジェンズ同士の一戦で数々のクオリティの高いプレーを披露した。

【関連記事:ロナウジーニョ 太陽の下で】

かつてバルセロニスタのスタジアムを沸かせていたロニーは、例え彼のパフォーマンスが年月の経過と共に衰えているとしても、彼が足に持つ計り知れないクオリティは失われていない事を証明した。

ノールックにも関わらず、魔法のタッチでスウェーデン人のヤスパー・ブロンクビストの股を通して抜き去ったスペクタクルなプレーは、カンプノウに詰めかけた約5万人の観客達を楽しませた。

■リバウドの華麗なプレー
ロナウジーニョが高いクオリティのボールさばきを披露したならば、同胞のリバウドはロニーとの連携から相手DFラインの裏に抜け出した際、負けじと華麗なラボーナでゴールを狙った。ボールはわずかに枠を逸れ、惜しくもゴールとはならなかった。
この日、カンプノウでは確かに純正の魔法と美しきプレーが存在していた。