スアレスの噛みつき、ジダンの頭突き… スポーツ界の歴史的“愚行”をスペイン紙が特集

写真拡大

熱い戦いのなかで起きた非道な行為、モウリーニョの目潰しも…

 お互いが鎬を削るスポーツでは、競争心が思わぬ方向でヒートアップし、信じられない乱闘や愚行に発展してしまう場合がある。

 スペイン紙「AS」は各競技からそうしたシーンをまとめ、サッカー界からも選ばれている。

 同紙の企画はかつてボクシング世界最強を誇ったマイク・タイソンが、対戦中のイベンダー・ホリフィールドの耳に噛みついた大事件からちょうど20年を経たタイミングで企画された。同じ“噛みつき”の要素で取り上げられているのはやはり、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスだ。

 2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)でイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに噛みついた事件は全世界に驚きを与えたが、アヤックスに所属していた2010年にはPSVのオトマン・バッカル、リバプール所属時の2013年にはチェルシーのブラニスラフ・イバノビッチも“被害者”になっている。

 そのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが被害者となったのは、2015年の南米選手権で、チリのDFゴンサロ・ハラが仕掛けたプレーだ。審判の死角を見つけたハラは、カバーニの尻に指を突っ込む非道っぷりを見せた。同じ指を使った愚行では、レアル・マドリード時代のジョゼ・モウリーニョ監督が、バルセロナのコーチを務めていたティト・ビラノバ氏に目つぶしを見舞った出来事もあった。

ジダンの現役最後は「恥ずべきものだった」

 そして現在は、レアル・マドリードの指揮官を務めるジネディーヌ・ジダン監督の現役ラストゲームの衝撃的ヘッドバットも取り上げられている。2006年のドイツW杯決勝の延長戦でイタリア代表DFマルコ・マテラッツィから侮辱的な発言を受けて逆上し、頭突きを見舞ってレッドカードで退場した。その出来事について同紙は、「ジダンは彼がボールを持った時のプレーの質は誰もが覚えているし、現在レアルでは成功者の監督として知られている。しかしサッカー選手としての最後の写真は恥ずべきものだった」としている。

 観客として見ていると信じられない数々の愚行だが、それだけお互いが勝利を求めて死力を尽くしている証拠なのかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】全世界が驚愕! スアレス噛みつき、ジダン頭突きの瞬間

https://twitter.com/brfootball/status/481573047250321408

「B/R Football‏」が公式ツイッターに投稿した、2014年W杯イタリア戦でのスアレスの噛みつき映像

https://twitter.com/MailSport/status/871100027745296385

「MailOnline Sport」が公式ツイッターに投稿した、2006年W杯決勝でのジダンの頭突き映像