その移籍金が増額したネイマール

写真拡大

3月に行われた最新の契約更新により、ネイマールは今日7月1日よりその価値が上がっている。ネイマール獲得に興味を持っているチームは昨日6月30日よりも多額の移籍金を支払わなければならない。

【関連記事:ネイマール 話題の人とSNS】

昨シーズン(2016-17)に移籍金1億9,000万ユーロ(約243億円)から2億ユーロ(約256億円)に引き上げられている。
そして、今日7月1日からは2億2,200万ユーロ(約285億円)となり、今回の契約における最後の3年(2017-18、2018-19、2019-20)は2億5,000万ユーロ(約320億円)という金額になる。

しかし、バルサと契約更新し、ネイマール自身もバルサ残留の意思を強調したにもかかわらず、ネイマールには未だに多くのクラブが興味を示している。