2戦連発のヘイス。技術の高さを見せつけた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ17節]札幌1-0清水/7月1日/札幌ドーム
 
 J1リーグ17節の札幌対清水が1日、札幌ドームで行なわれ、札幌が1-0で勝利した。これで札幌は連敗を6でストップ。10節・大宮戦以来となる勝点3を獲得し、ホームの観衆を沸かせた。
 
 決勝点が生まれたのは、開始早々の6分だ。相手DFのバックパスを都倉賢が奪い、エリア内に走り込んできたヘイスにパス。これを受けたブラジル人ストライカーがDFをかわして左足で冷静に流し込んだ。
 
 ヘイスは2試合連続のゴール。怪我から復帰した前節・柏戦での今季初ゴールに続く一発で、好調ぶりをアピールした。
 
 一方の清水は14節・FC東京戦以来、3試合ぶりの黒星を喫した。相手GKク・ソンユンの好セーブはあったにせよ、サイドから良い形で攻めていただけに、最後の精度を欠いてゴールが奪えなかったのが悔やまれる展開だった。