闇金のあいつらが帰ってくる! (C)2017「闇金ドッグス6&7」製作委員会

写真拡大 (全2枚)

 闇金融をテーマにした山田裕貴、青木玄徳主演映画「闇金ドッグス」のシリーズ6、7作目となる「闇金ドッグス6」「闇金ドッグス7」が8、9月に連続公開されることが決定した。

 金にとりつかれ転落していく人間たちを容赦なく活写し、人気を博してきた「闇金ドッグス」シリーズ。2015〜17年1月に5作が製作・公開されており、パート1・2・4ではラストファイナンス社長・安藤忠臣役の山田、パート3・5では同社社員・須藤司役の青木が主演を務めた。

 「6」では、あくどい手法で債務者を追い込む忠臣が10年以上前に別れた元恋人・未奈美(西原亜希)と再会。未奈美は伊良部慎太郎(長谷川忍)と結婚したが、夫はラストファイナンスの借金を抱え失踪したため、手がかりである忠臣を訪れたという。さらに「7」では、闇金稼業に嫌気がさして足を洗った司が場末のキャバクラのボーイとして働くことに。そしてホステスのエマ(逢沢りな)と距離を縮めていくが、約700万円の負債を背負っていることを知る。

 人気ヤンキー映画「ガチバン」での初登場から数えて、9作目の安藤役に臨む山田。「俳優として、なかなか貴重な役を生きているという感覚、これを味わえるのがこの『闇金ドッグス』です」と感慨深げに話し、「シリーズを応援してくださった皆様の期待を裏切る、主人公・忠臣と司にとって初めての大人なラブストーリーの展開で、新たな忠臣・司の姿と『闇金ドッグス』を楽しんでいただけるかと思います」とアピールする。未奈美役の西原も、「未奈美は忠臣と学生時代に付き合っていた元恋人。10数年ぶりに再会したことで未奈美がどんな思いを抱くのか、心の内を丁寧に表現出来たらと思います」と意気込んだ。

 そして青木は「今回は雰囲気がいつもと違います。闇金ドッグスがなんとラブストーリーに挑戦します」と驚き、「台本を読んでいて耳に残って、一度聞いたら忘れない、思わず爆笑してしまう面白いセリフがたくさんあります。前作(パート5)をご覧になった方で、重たい気持ちになった方も多くいらっしゃると思いますが、ご安心ください。いつもの須藤司が帰ってきました」と呼びかける。エマ役の逢沢は、「人間味溢れるそれぞれのキャラクターがとても魅力的で、”出会う”事によって動いていく心情が面白いと思います」とコメントを寄せている。

 「闇金ドッグス6」は8月5日、「闇金ドッグス7」は9月2日に公開。