アレックス、オーラが足りない?(画像は『Jennifer Lopez 2017年5月23日付Instagram「My #MCM」』のスクリーンショット)

写真拡大

今年、数多くの美人セレブを虜にした元プロ野球選手アレックス・ロドリゲスがジェニファー・ロペスと交際を開始。ジェニファーについては「相手の女癖を気にして慎重になっている」とも言われていたものの瞬く間にアレックスを好きになり、今では両家公認の交際をしているという。しかしアレックスは、周囲の反応が変わったことに気付いたもよう。これまで長年“野球界のスーパースター”として扱われてきたアレックス・ロドリゲスが、その変化を明かした。

このほどアレックス・ロドリゲスが人気番組『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』に出演し、ジェニファー・ロペスとの交際が話題になるなりこう語った。

「ニューヨーク・ヤンキースにいた頃は、ワールドシリーズで優勝もした。」
「当時は僕も、自分のことをかなりクールだと思っていたものさ。」

しかしジェニファーとの交際がスタートするなり、何かが変わったのだという。

「そう。彼女と一緒にいると、彼女のボディガードだと思われてしまって。いつもそうなんだ。」
「彼女とMETガラに行った時もパパラッチに大声で、しかも外国語でこう言われたよ。『おい、どけよ! じゃまだ! 俺達は(ジェニファーの)写真を撮ろうとしているんだ』って。」

ちなみにアレックスは身長190センチ以上で体重も100キロを超えるといい、確かにボディガードのように見えなくもない。

そんなアレックス・ロドリゲスはプロとして20年以上も活躍し、純資産の総額は300億円を突破すると言われる。またジェニファーもかなりの資産家で、純資産額はアレックスより60億円ほど多いのだそう。それでもアレックスが非常に豊かであることは間違いなく、条件的には申し分ないお相手と言えそうだ。なおアレックスは選手として引退しているが、アドバイザーやメンターとして球団に残留。今も莫大な報酬を得ているというから、ゴールインを視野に入れている2人に金銭的な心配は皆無であろう。

画像は『Jennifer Lopez 2017年5月23日付Instagram「My #MCM」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)