1日放送のラジオ番組「ナイツのちゃきちゃき大放送」(TBSラジオ)で、TKO木本武宏が、飲食店へのクレームを手紙で伝えていたことを明かした。

番組では、ゲストにTKOのふたりが登場し、パーソナリティーのナイツとトークを展開していた。この中でTKO・木下隆行が、過去に相方の木本が「不味いうどん屋さん行って『美味しくないです』って手紙出した」と暴露したのだ。

すると木本が、当時の状況を説明した。自宅近所に新しくうどん店がオープンした際、「やっとできた!」と開店日に食べに行ったそうだ。ところがそこでは、大阪にある店にも関わらず関東風のダシだったというのだ。これに木本は「こんなの待ってない我々は」と不満を感じる一方、今後も利用する可能性があったことから「これずっと我慢すんのか…?」という思いが浮かんできたとか。

そこで後日、木本は手紙に「こういううどんを待ってるんじゃない」「よければ関西風のダシのうどんもメニューに混ぜていただけたら」との要望を綴り、店のシャッターに「ポンと入れた」というのだ。

なお、木本はこのエピソードを過去に披露したことがあるそうで、「批判は多い」と明かす。だが批判に屈することなく「実際にお客様の声を届けるのは大事」と主張すると、ナイツ・土屋伸之が「そこがまた正論なのがこわい」とコメントする。そして木本は「世の中は正論を言うと批判されるよね」と不満を漏らしていた。

【関連記事】
小栗旬 謝罪にきたTKO・木本武宏に粋な一言「言われて困ることは何もない」
TKOの木下隆行が「アイスクライミング」のロケで予期せぬハプニング
東野幸治がTKO・木下隆行の味覚に痛烈「25歳くらいの女性を抱こうとしてる」