(左から)マキタスポーツ、伊勢谷友介、石原さとみ、鈴木亮平、立川談春、中村義洋監督

写真拡大

 映画『忍びの国』の公開初日舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の大野智、石原さとみ、伊勢谷友介、鈴木亮平、立川談春、知念侑李(Hey!Say!JUMP)、マキタスポーツ、中村義洋監督が登壇した。

 本作は、織田信雄軍と伊賀の忍び軍団との合戦をダイナミックに描いた戦国エンターテインメント。

 “伊賀一の忍び”でありながら、妻には頭が上がらない主人公・無門を演じた大野は、公開初日を迎えた心境を「ためてためて…ようやくという感じ。見れば見るほど、気付くことがたくさんある映画。1回と限らず、2回、3回と見ていただけたら」と笑顔でアピールした。

 一方、信雄を演じた知念は、大野に憧れて所属事務所に入った経緯もあり「大野くんとの共演作が公開されて本当にうれしい。デビューよりもこの仕事が決まった時の方がうれしかったぐらい、本当にすてきな映画に出られた」とうれしそうに語った。

 まさかの“デビュー超え”宣言に、大野が「そんなこと言っちゃ駄目だよ。ジャニーズ事務所に怒られちゃうよ」と冗談交じりにいさめたが、知念は「もう言っちゃった…」とニヤリ。さらに大野は「心の中に秘めとけ」と耳打ちし、笑いを誘った。

 会場では、映画のタイトルにちなみ「可能なら、誰の頭の中に忍びたいか?」というお題が出され、一斉の指差しで大野が“最多4票”を獲得。1票を投じた石原は「1年前に(撮影で)ご一緒して、ここ何日間かもプロモーションで一緒に過ごしているのですが、大野さんという人がいまだに分からない。生活感がなくて…」とその理由を語った。

 共演した番組内で共に大量の料理を食べたこともあったそうだが「(自分は)本当におなかが大変だったのに、大野さんは、翌日ケロッとされていて『消化しました?』と聞いたら『とっくに』みたいな…」とエピソードを披露。

 さらに「アクションシーンの後も一切アイシングやマッサージも受けずに、ただ寝て翌日ケロッとみたいな…。頭を含めて、痛みのもとの神経とか、超人的な力が(あるのかな)」と不思議そうに語った。これに対して大野は「いやいや健康ですよ。消化が早いだけです」と返して、苦笑いを浮かべた。

 その大野は「亮平くん」と鈴木を選択し、「変態なんじゃないかなと思って…」と理由も説明。鈴木は「何度も言っているけど、嵐は『変態仮面』が好き過ぎる。あれは役柄ですから。普段はパンツは頭にかぶらないです」と主張して、笑いを誘った。