Apink、爆破予告にも負けず堂々ステージ披露…「ミュージックバンク」上半期決算特集で豪華アーティスト集結!(総合)

写真拡大

真の祭りだ。ベテラン歌手から今ホットなグループまで、豪華アーティストたちが総出動した。

30日に韓国で放送されたKBS 2TV「ミュージックバンク」は、上半期決算で作られた。この日の放送は「歌謡トップ10」と「ミュージックバンク」のコラボで、先輩・後輩歌手たちの調和が印象的だった。

上半期決算というだけあって、豪華なラインナップを誇った。BTOB、GOT7、NCT 127、Clon、キム・ジョンミン(コヨーテ)、Nine Muses、DAY6、LABOUM、Red Velvet、MAMAMOO、MONSTA X、赤頬思春期、Brave Girls、SEVENTEEN、ASTRO、UP10TION、Apink、GFRIEND、宇宙少女、イ・ジヘ、TEENTOP、PENTAGON、Highlightらが出演した。

特に、ClonのDJ KOO(ク・ジュンヨプ) はNCT 127、PENTAGONと共にステージに上がり、イ・ジヘはNine Muses、キム・ジョンミンは宇宙少女とコラボレーションをし、豊かなステージを披露した。

中でも注目が集まったのはApinkの新曲「FIVE」のステージだった。この日、Apinkを殺害すると脅迫した犯人が爆発物を設置したという通報があり、大騒ぎとなった。「ミュージックバンク」側は「爆発物を仕掛けたと脅迫を受けて、警察や消防署が出動した。幸い危険物は発見されず、捜査が終了した。しかし、警察は撤退せず、安定性のためにずっと見守っている」と述べた。

この日の生放送は予定通り進行され、Apinkのメンバーたちは明るい笑顔でステージに立ち、エネルギー溢れるパフォーマンスを見せた。メンバーたちはいつもと変わらない毅然としたステージを披露し、殺害予告や爆破予告にも揺るがない姿勢を見せた。

「ミュージックバンク」はこのような騒動にも負けず、豊かな80分を完成させた。

Apink、今度は「ミュージックバンク」に爆破予告…CP“爆弾物は発見されず、生放送は予定通り”