カリアリ、チガリーニら2選手が加入! ムルル&カイオ・ランジェウが退団

写真拡大

▽カリアリは6月30日、サンプドリアからイタリア人MFルカ・チガリーニ(31)が完全移籍で加入したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。

▽パルマでプロキャリアをスタートしたチガリーニは、その後ナポリやセビージャ、アタランタといったクラブを渡り歩き、昨シーズンからサンプドリアでプレーしていた。だが、同クラブでは公式戦7試合の出場にとどまっていた。

▽また、カリアリは同日、インテルからU-21ベルギー代表DFセナ・ミアング(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。

▽インテルでプロデビューを飾ったミアングは、2017年1月に買い取りオプション付きのレンタルでカリアリに加わり、昨季はリーグ戦4試合に出場していた。192cmの長身左サイドバックの将来性を高く評価するクラブは、買い取りオプションを行使することになった。

▽2選手の加入を発表したカリアリだが、同日にイタリア人DFニコラ・ムルル(22)と、ブラジル人DFカイオ・ランジェウ(21)の放出を発表。ムルルはサンプドリアへ、カイオはエストリルに移籍することになった。