写真集「i」発売イベントに出席した有村藍里

写真拡大

有村架純の実の姉で、タレントとして活動する有村藍里が、5月26日に写真集「i」を発売。都内の書店で行われた出版記念お渡し会に出席。「26歳の女性、等身大の自分というテーマで挑みました」とあいさつした。

【写真を見る】“きれいなお姉さん”が大胆カットに挑戦/撮影:西田幸樹/有村藍里写真集『i』講談社

見どころについては「おしりがすごいきれいだって言っていただいているんですけど、体形的にも一番女性らしいふっくらした仕上がりになったと思うので、体をよく見ていただきたいなと思います」とアピールした。

今回の撮影のため5kg太ったという有村。「ご飯をいっぱい食べました。その結果柔らかそうな女性らしい丸みを帯びた体形になりました」と告白。

今回、旧芸名から本名に戻っての活動となったが、「本名に戻っての活動というのはそれなりの覚悟もいるし、今後の人生においてずっと出てくることだと思うので、後悔なく何でもやっていきたいなと前向きな思いで改名しました」と心境を明かした。

今作は妹の有村架純には見せてはいないという。「もしかしたら見てくれているかもしれないけど、何となく照れくさくて何も私は言わなかったです」と意外なエピソードも。

今後はバラエティーなど、どんどんチャレンジしたいという有村だが「(有村架純と)一緒にバラエティーにも出られたら幸せですね」と希望を口にした。