iOS10から採用された3D Touchによるマルチタスク画面の表示機能が、早くもiOS11で廃止される見通しであることが分かりました。ホームボタンをダブルクリックするよりも手軽との評判も高かっただけに、なぜAppleが廃止するつもりなのか憶測を呼んでいます。

iOS11ベータ版で使えないのはバグではなかった

3D Touchでマルチタスク画面を表示してアプリを切り替えるのは、iOS10ではホーム画面やアプリ画面の左端を押し込むことで可能となります(iPhone6s以降)。
 


しかしAppleエンジニアの話として、Twitterで明らかにされたところによれば、この機能はiOS11で廃止される見通しです。すでに配布されているiOS11のベータ版でも使えないことが認識されていましたが、デベロッパーの間では単なるバグだと考えられていました。

iPhone8のデザインが理由?

便利な機能としての評判も高く、なぜ3D Touchによるマルチタスク画面表示をAppleが廃止するのかは分かりませんが、ニュースサイト9to5Macは「iPhone8のベゼルレスデザインが関係しているのではないか」とみています。
 
ベゼルで新たなジェスチャーが行えるようになるために、3D Touchによるマルチタスク画面表示と干渉し合う可能性があるからでは、というわけです。また、有機EL(OLED)ディスプレイに対応するためか、iOS11ではインターフェイス全体が丸型になっています。
 
 
Source:9to5Mac
(kihachi)