鈴木亮平 (C)モデルプレス

写真拡大

【鈴木亮平・大野智/モデルプレス=7月1日】嵐の大野智と俳優の鈴木亮平が1日、都内にて行われた映画「忍びの国」初日舞台あいさつに、石原さとみ、伊勢谷友介、立川談春、知念侑李(Hey! Say! JUMP)、マキタスポーツ、中村義洋監督とともに出席した。

【さらに写真を見る】石原さとみ、知念侑李らも登壇したイベントの模様

◆鈴木亮平「嵐は『変態仮面』が好きすぎる!」


作品にちなみ、「キャスト陣の頭の中に忍び込めるとしたら誰の頭に入りたいか」と聞かれた大野は「亮平くん」と鈴木を指名。

その理由を「変態なんじゃないかなと…」と話し、疑いの目を向けられた鈴木は「嵐は『変態仮面』が好きすぎる!」と鈴木の主演映画『変態仮面』を挙げてクレーム。続けて「何をもって変態と言うかですけど、顔にパンティかぶらないですよ!あくまで役ですから」と強く訴えると、大野は「そうなんだ。(嵐の)4人にも伝えておきます」と答えて笑いを誘った。

◆大野智、時代劇映画初主演で本格アクション


今作は、和田竜氏による累計発行部数60万部の同名小説を映画化。時代劇映画初主演となる大野が演じる主人公・無門(むもん)は、普段は“金の亡者”で“無類の怠け者”だが“伊賀最強”の忍び。史実・天正伊賀の乱を題材に織田軍と伊賀忍びとの合戦をダイナミックに描く今作で、本格的なアクションにも初挑戦する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】