コブクロ

写真拡大

6月29日、コブクロの所属事務所・オフィスコブクロが公式Facebook上で、ファンが作るグッズについて注意喚起をした。

これまで事務所では、ファンが自分たちで作るグッズについて、「『個人で書かれたイラスト』を使用したグッズ制作など、『個人で楽しまれる範囲』に限り、常識的な観点を持ってこれらの活動を許容」してきたという。

だが最近、「サイトのオフィシャルロゴやツアーロゴ、アーティスト写真等、肖像権・著作権を有するデザインを許可なく安易に使用し、常識を逸した制作活動を行なっている方やグループが散見」されるようになったというのだ。

しかもそのグッズは、「複数人への配布や販売等、『個人で楽しまれる範囲』を完全に逸脱した活動も多く見受けられるようになりました」というのだ。事務所はこのようなグッズを制作して販売する行為を、肖像権・著作権の侵害だとし、「このような安易な制作活動は決して認められるものではございません」と訴えていた。

そして、この状況が続くような場合は、「全面的に個人でのグッズ制作を禁止せざるを得ません」とする。一方で、「出来れば厳密に取り締まることなく、皆様に楽しんでいただきたい」と考えているということだった。

さらには、Facebook上で活動しているあるグループを名指しし、「オフィスコブクロとしましても許容の範囲を超えた行為との判断に至り、制作物の即刻の回収と掲載中の関連記事の削除を依頼」したと報告した。そして今後、このグループが制作したものを「ツアー会場での着用及び持参することは、ご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます」とし、無断で製作されたグッズを持参しないように呼びかけていた。

コブクロの公式Facebookページ「コブクロ-kobukuro」【個人でのグッズ制作につきまして】

【関連記事】
コブクロ・小渕健太郎 真夜中の仰天行動を告白「無意識で料理を…」
加藤浩次が藤井聡太四段の関連グッズをめぐり苦言「転売目的はよくないよ」
スキマスイッチの熱狂的ファンが「スイッチ工場」に転職 本人らも驚愕