DFスティーブン・コーカーが自殺を考えていた過去を明かした

写真拡大

 QPRに所属するDFスティーブン・コーカー(25)が、アルコールやギャンブル依存を抱えており、自殺を考えていた過去を明かした。

 コーカーはトッテナムの下部組織から2009年にトップ昇格。その後は複数クラブにレンタル移籍を重ね、13年にカーディフに完全移籍。そして翌年にQPRに籍を移した。ただしQPR加入後もレンタル移籍を重ね、15年にサウサンプトン、16年にリバプールでプレーしている。

 イングランド代表としても12年にデビュー。同年開催されたロンドン五輪にはイギリス代表の一員として全5試合に出場した。

 だがピッチ外では成功とはほど遠い状況にあったようだ。『ガーディアン』に対して語ったインタビューで、精神の問題を抱え、一時は自殺も考えていたことを明かしている。

「僕は何年も自分のことが嫌いだった。なぜ他の人たちのようになれないのか、理解できなかったんだ。光のまったく見えないトンネルのなかにいるような気分がずっと続いていた。僕のキャリアはまだまだだけど、サッカーをすることへのプレッシャーがすごくて、酒やギャンブルに逃げてしまったんだ」

「中毒だったね。しかも勝つことにね。サッカーにおいては普通は望ましいことかもしれないけど、それがギャンブルになれば話は変わってくる。そして12月のギャンブルでほとんどの金を失ってしまったんだ」

「最終的には、自分が勝てなかったことを認めたよ。ルーレットを1日中やるだけで世界を救えると夢見ることもなくなった。あれはすべてファンタジーだった。あの時期は何度も自殺を考えた。暗黒期だった」

 またサッカー界のサポートシステムも機能していないと嘆いている。

「サッカーが精神の問題を解決してくれるわけじゃない。おそらく状況は変わりつつあるんだろうけど、そうしたサポートのシステムは機能していないんだ。スポーティング・チャンス・クリニックへ行きなさいと言われた経験がある選手たちに話しかけてみたけど、彼らはみんな拒否していた。一度チームを離れてしまえば、チームでの居場所がなくなってしまうということを知っているからだ」


●プレミアリーグ2017-18特集