瑛太主演ドラマ『ハロー張りネズミ』、原作・弘兼憲史が撮影現場訪問 「初回放送がとても楽しみ」

写真拡大

 7月14日よりTBS系にて放送される金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』の撮影現場を、原作者の弘兼憲史が表敬訪問した。

参考:渡辺直美、“TBS火曜10時枠”抜擢のスゴさ 7月クールドラマはお笑い芸人が制す?

 同ドラマは、1980年から1989年にわたり講談社『週刊ヤングマガジン』にて連載された弘兼憲史の同名マンガを実写化した探偵ドラマ。誰も引き受けたがらない面倒な案件ほどやりたがるという一風変わった探偵のハリネズミこと七瀬五郎とその仲間たちが、人探し、殺人事件、超常現象、恋愛相談、徳川埋蔵金探しなどの事件に挑む模様を描く。主人公・五郎役の瑛太をはじめ、深田恭子、森田剛、蒼井優、リリー・フランキー、山口智子らが出演し、映画『モテキ』や『バクマン。』などのヒット作を手がけた大根仁が脚本・演出を務める。

 弘兼が訪れたのは、瑛太演じる五郎ら探偵たちの拠点である「あかつか探偵事務所」。原作と同様、下赤塚にあるビルの一室をセットにしている「あかつか探偵事務所」を興味深そうに見学していた弘兼は、「よくこんな場所が見つかりましたねぇ。新作を描く際の参考にさせていただきます」と驚愕の様子。この日撮影があった瑛太や深田らとの記念撮影にも応じながら、「原作というのは言わば素材であり、それを大根監督にどのように調理していただけるのか。どんなドラマになっているのか、初回の放送がとても楽しみです」と期待のコメントを寄せた。(リアルサウンド編集部)