森重が語るFC東京“逆襲計画” 後半戦スタートの鹿島戦へ「攻略のイメージはある」

写真拡大

中位に沈む現状に不甲斐なさ 「上に行くチャンスがあるのに取りこぼしている」

 2017シーズン開幕前の期待度の高さから言えば、リーグ戦の折り返しを迎えようとしている現時点でのFC東京の成績には、誰もが失望感を抱えているはずだ。

 第16節を終えて7勝3分6敗の8位――。辛うじて白星が先行しているものの、首都クラブが持つポテンシャルを考えれば、戦力に見合った成績とは言い難い。

 今季開幕前にFW大久保嘉人、MF郄萩洋次郎、DF太田宏介ら日本代表経験者を中心に大型補強を行い、序盤戦こそ順調に勝ち点を積み重ねたものの、その戦いぶりはどこか不安定。主将のDF森重真人も「今は我慢強くできていない」と語る。

 だが、優勝候補の一角としてこのまま沈むわけにはいかない。後半戦スタートとなる7月8日の第18節、ホームに迎えるのは前年王者の鹿島アントラーズ。今季開幕戦、敵地で1-0と競り勝った試合の再現を狙い、逆襲へのきっかけにしたいと、森重は力強く語ってくれた。

   ◇     ◇     ◇

――FC東京は今季のJ1リーグ第16節を終えて、7勝3分6敗の勝ち点24で8位です(インタビューは6月26日に実施)。この成績について、率直にどのように感じますか?

「1試合の結果で大きく順位が変わる混戦のなかで、自分たちも上に行くチャンスがあるのにそこで取りこぼしているというか……。タラレバを言っても仕方ないのですが、今の成績にはもちろん満足してないです」

――開幕前の大型補強により、主力の顔ぶれも変わりました。連携面などを含めて、チームを作り上げていく難しさは感じましたか?

「自分たちの誰もが、今季のFC東京の戦力が充実していると感じているなかで、それを活かさなくては、結果を残さなくてはというプレッシャーも、正直あると思います。それが開幕からの数試合は良いプレッシャーとなって、『結果を残したい』というみんなの強い気持ちが良い方向に向かい、結果も出ていたと思うんですけれど、それがだんだん慣れてきた時に結果が出なくなってしまった。そうした気持ちの部分の変化が、今の成績にも表れているのかなと思います。そこはもう一度、チームとして引き締めなくてはいけないと思っています」

開幕戦は「我慢強くチームとして戦えていた」

――そうしたなか次のホームゲームは7月8日、後半戦のスタートとなる第18節で前年王者の鹿島を迎えます。相手は現時点で1試合消化が少ないですが、10勝5敗の勝ち点30で3位。ただ得点数を見るとFC東京の「21」に対して鹿島は「22」、失点数はFC東京の「16」に対して鹿島は「15」と、ほとんど変わりません。そのなかでの勝ち点差「6」について、どのように捉えていますか?

「やっぱりゲームの流れを読みながら、自分たちが点を欲しい時にいかに取れるのか、我慢しなければいけない時に守れているのかという差だと思います。数字上はほぼ同じように見えるのに勝ち点にそれだけの差があるというのは、ゲームマネジメント力の差というか……。試合をどう終わらせるのか、立ち上がりをどう戦うのかなど、90分の戦い方が鹿島の方が上手いのかなと」

――たしかに鹿島には、そうした伝統的な強さを感じます。

「今はどういう時間帯なのか、どういうプレーが必要なのかを、チームとしても個人としても分かっていると思うので、ベンチから多くのことを言われなくても、選手たち自身が試合の流れを感じながら上手く表現できているんじゃないかなと。そこは確かに、今の東京にとって足りない部分なのかなと思います。どれだけ1週間準備して、こういう戦い方をしようと決めても、実際にピッチで起こることに対して出ている11人が柔軟に対応できるかがサッカーです。そういう部分で東京の選手一人ひとりは、まだまだ未熟なのかなと思います」

――もっともFC東京は今季の開幕戦、アウェーで鹿島と戦い、82分にオウンゴールで決勝点を奪って勝ちました。ホームゲームでもこの再現を狙うには、何がポイントになると感じますか?

「やっぱり今は我慢強く戦えていないというか、簡単に失点してしまったり、集中力を欠いてしまったり、自分たちで隙を作っていることが多いなという気がしています。でも開幕戦のアントラーズ戦では、相手の隙を探りながら自分たちが我慢強く、チームとして戦えていた。もし、あのまま0-0で試合が終わっていても悲観するような内容ではなかったですね。

 あの試合のようにチーム全体で我慢して、相手の隙を見つけながらサッカーができている時は、ワンチャンスで1点が入ったりすることもある。逆にバランスが悪い時は、決定的なチャンスが5回くらいあっても、5回とも入らないようなこともサッカーでは起こり得る。そこは難しいところなのですが。5回のチャンスで1点も入らないのなら、それを10回に増やそうという考え方もありますけれど、そうではない部分もあると思うので」

――鹿島相手に、まずは守備から入るイメージですか?

「まずは守備から入るのが大切ですし、ここ数試合、多くの失点をしているので、まずはみんなでそこを徹底するのが大切なのかなと。特に鹿島は、先に1点を取ってからの戦い方が上手いチームだと思います」

「鹿島に意外にこういう形で勝てるなと…」

――森重選手は2010年にFC東京に加入して以来、これまでリーグ戦では鹿島とホームゲームを6回戦っていますが、ここまで1勝2分3敗。昨年の第2ステージ第15節で2-1と勝利したのが初めての白星でした。

「今までアントラーズ相手に、自分たちがあまり勝てていないことは痛いほど分かっています。だからこそ今年の開幕戦でアントラーズと戦うと決まった時、今までの歴史を変えたいという思いをみんなが持っていた。今回の鹿島とのホームゲームが、その時の気持ちを思い出す良いきっかけになればいいなと思います」

――過去6度の鹿島とのホームゲームで、FC東京が2ゴール以上を取れたのも昨年の1試合のみです。今季アウェーでの勝利に続く“ダブル”を達成するうえで、攻撃陣の奮起も期待したいですか?

「アントラーズに対して3点、4点取れるとは思っていません。でも、アントラーズに対して意外にこういう形で勝てるんだなというのは、去年のセカンドステージでの対戦、そして今年の開幕戦と2連勝したなかで、なんとなく分かったところがあります。同じことをやってもダメなのかもしれませんが、まずはそれを挑戦してみたい。

 ただ、それが上手くいったとしても、大量点で勝てるとは思っていませんし、今年の東京の戦いを振り返っても3点、4点を取る戦い方ではないですからね。やっぱり我慢強く戦って、1点取って勝つという展開になればいいのかなと思います」

【試合&イベント情報】

7月8日(土)FC東京vs鹿島アントラーズ(19:00キックオフ/味の素スタジアム)

(1)『ローソン Day』開催!

 オリジナルの応援グッズと飲食物などの観戦キットがついた「ローソン Day 特別観戦チケット」販売します。試合当日のスタジアムでは、ローソンの制服を着用したスタッフがみなさまをお出迎え! また、ローソン特設売店の設置や「からあげクンのマスコットキャラクター」が登場いたします。お誘いあわせのうえ、ぜひ味の素スタジアムへご来場ください!

(2)鹿島に連勝して「GET THE DOUBLE 〜ダブルを奪い取れ〜」!

 今シーズン開幕戦での勝利に続き、鹿島相手に連勝して「ダブル(シーズン中に同じ相手にホーム・アウェイで勝利すること)」を達成しよう! 「ダブル」にちなんだフォトコンテストやオリジナルグッズの販売など、イベント盛りだくさん! お誘いあわせのうえ、ぜひ味の素スタジアムへご来場ください!

【観戦チケットプレゼント】

 注目の「FC東京vs鹿島」の観戦チケット(メインS指定席)を5組10名様にプレゼントします。ご希望の方は以下のメールアドレス宛てに、?氏名?メールアドレス?住所?年齢?電話番号を明記の上、お送りください。締め切りは7月3日(月)。当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

■送付先メールアドレス

ml.info@footballzone.jp

※ご記入いただいた個人情報は編集部が責任をもって管理致します。当選者へのプレゼント発送と連絡のために利用し、それ以外の使用は致しません。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文・写真 text & photos by Football ZONE web