アントニオ・リュディガー【写真:Getty Images】

写真拡大

 チェルシーが、ローマのDFアントニオ・リュディガーの獲得に急接近しているようだ。伊メディア『スカイ』や英メディア『デイリー・テレグラフ』などが伝えた。

 アントニオ・コンテ監督は、センターバック補強を望んでいる。ジョン・テリーが退団し、ナタン・アケはボーンマスへ放出したため人数が足りていないためだ。しかし、サウサンプトンのフィルジル・ファン・ダイクやユベントスのレオナルド・ボヌッチの獲得は困難なようで、リュディガーがリストアップされた模様である。

 チェルシーはリュディガーの獲得に3000万ポンド(約44億円)を用意しており、ローマにとっては魅力的な話かもしれない。

 ローマはDFコスタス・マノラスをゼニトに放出するはずだったが、直前で取引が破談になった。そのため、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)を遵守するために選手の放出が必要になっている。この話を受けて、チェルシーは素早く行動に移しているようだ。

text by 編集部