イングランド・プレミアリーグのウェストハム戦でゴールを決めて喜ぶサンダーランドのファビオ・ボリーニ(2017年4月15日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】イタリア・セリエAのACミラン(AC Milan)は30日、イングランド・チャンピオンシップ(2部)に降格したサンダーランド(Sunderland AFC)から、ファビオ・ボリーニ(Fabio Borini)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したと発表した。

 プレミアリーグではチェルシー(Chelsea)やリバプール(Liverpool FC)、セリエAではASローマ(AS Roma)でプレーした経歴を持つボリーニは、ポルトガル1部のFCポルト(FC Porto)から先日獲得したアンドレ・シウバ(Andre Silva)に続き、ミランにとって今夏2人目のストライカーの補強となる。

 ミランは声明で「サンダーランドからローンでファビオ・ボリーニを獲得した。契約には、ボリーニの買い取りが義務付けられている」とコメントしている。

 欧州王者通算7回の実績を持ち、長きに渡ってチームを所有したシルビオ・ベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)氏によって中国企業に売却されたミランは、2016-17シーズンのリーグ戦を6位で終え、今季はヨーロッパリーグ(UEFA Europa League 2017-18)に出場する。
【翻訳編集】AFPBB News