Hey! Say! JUMP 知念侑李、関ジャニ∞ 横山裕との“思い出”語る「あのキスは忘れられない」

写真拡大

 6月30日放送の『MUSIC STATION 2時間SP』(テレビ朝日系)に、欅坂46、TWICE、EXILE THE SECOND、Hey! Say! JUMP、関ジャニ∞、DEAN FUJIOKA、原田知世が出演した。

参考:Hey! Say! JUMP、10周年目前に勢い加速! 成長感じさせる2つの演出とは

 6月28日に日本デビューを果たしたTWICEは、「TT -Japanese ver.-」をテレビ初パフォーマンス。現在、TWICEの踊ってみた動画を投稿する女子中高生が急増している。TWICEは、2015年に韓国でデビュー。2016年、韓国年間シングルチャートで第1位を獲得し、ミナ、モモ、サナと日本人メンバーも3名在籍している。TWICEを有名にしたのが、絵文字の「(T-T)」を表したTTポーズの振り付けだ。モモは「私達3人は日本でスカウトしていただいて、YouTubeにダンスの動画をあげたら、それを韓国で見ていただいて韓国でオーディションを受けました」と加入までの経緯を説明。サナは、「私とミナは、大阪の出身で一緒に韓国の事務所の方に声をかけていただいて、それがオーディションを受けるきっかけになりました」と明かした。さらに、タモリがTTポーズについて尋ねると、ミナが「ポーズする時に、人差し指が中に入りやすいんですけど、肘をグッと上げていただくと人差し指が真っ直ぐになるので」とタモリに教えた。

 Hey! Say! JUMPと関ジャニ∞は10年前にも共演したことがあり、関ジャニ∞の曲にHey! Say! JUMPが飛び入りで参加している。その際に、横山裕はテンションが上がり、最年少の知念侑李に6回もキス。そんな2組が今夜披露するのは、Hey! Say! JUMPが「Precious Girl」。メンバーのこだわりは、最後のポーズとキメ顔だという。関ジャニ∞は手話をダンスに取り入れた「今」をパフォーマンス。知念は、10年前のことについて問われると、「あのキスは忘れられないですね。今でも覚えてます」とコメント。一方の横山は、「僕、これ全然覚えてないんですよ」と明かすと、続けて「可愛かったからやったのと、その日売れようとしてたんでしょうね。知念くんには申し訳ない」と謝罪した。知念はこれから披露するパフォーマンスについて「またキスしてもらえるように頑張ります」と話し、スタジオに笑いを作った。

 テレビ初パフォーマンスとなるDEAN FUJIOKAは、福島生まれで親がピアノの先生という音楽に囲まれて育った。2004年に香港のクラブでラップを披露しているところを、スカウトされデビュー。その後は、モデルや俳優業と並行して音楽活動を行っている。今回披露する「Unchained Melody」は、報道マン達の話を元に自身で作詞作曲を手掛けた楽曲だ。「歌詞がいっぱいになっちゃって、ラップするしかないなと思って、ラップにしました」とVTR内でコメントしている。タモリからの「4カ国語喋れてやりやすい言語はあるの?」という質問には、「誰に当てるかだと思うんですよね。今回は報道チームのどうして“伝える”ということをなぜ始めたのかという、熱い思いを聞かせていただいて。どういう心持ちでやるべきかというところに影響を受けて」と話し、世界各国を飛び回ってきた彼は「その時に感じたことを思い出しながら書いていたらまとまんなくなっちゃって、こんな形になりました」とラップの歌詞についてコメントした。

 ほかにも、欅坂46「不協和音」、EXILE THE SECOND「Summer Lover」、原田知世「時をかける少女」を披露した。次回の放送は、7月21日を予定している。(向原康太)