市川海老蔵 (C)モデルプレス

写真拡大

【市川海老蔵/モデルプレス=7月1日】歌舞伎俳優の市川海老蔵が30日、自身のブログにて22日に乳がんで亡くなった妻・小林麻央さんが生前につづったブログを英訳していくことを報告。翌7月1日には、英訳するに至った経緯と心境を明かした。

市川海老蔵、“ブログ更新しすぎ”の声に言及

海老蔵は「海外の知人のみならずBBCの今年の100人の女性というものに麻央が選ばれ日本国民はいままで病などになると比較的 心を閉ざしてきた傾向の中 公に伝えるという勇気を高く評価してくださったようでイギリスのみならず米国からも正式にこの文章を保管させていただきたいという事とか諸々多くのご要望がありました」と紹介。

様々な声を受けて「私も悩みました 色々と悩みました そして私自身も今そんな余裕はないし今なのか?」と葛藤はあったようだが、「今だ。逆に今やらねばいつやるのだ、と思い決心」と英訳するに至った決意を告白。「是非 多くの海外の知人の方々へ皆様からも発信してくださいませ。麻央の愛を世界の方々にも 届くことを切に願います」とメッセージを送った。

◆姉・小林麻耶の想い


また、麻央さんの姉・小林麻耶も1日にブログを更新。麻央さんのブログの英訳について「力強く、前向きに愛に生きた352回の更新が世界中に届きますように」と想いを綴った。

◆亡くなる2日前までつづられた麻央さんのブログ


がん公表後の2016年9月に開設された麻央さんのブログ「KOKORO.」は、亡くなる2日前まで闘病生活や家族への思いなどがありのままにつづられ、大きな反響を呼んだ。

ブログの影響は世界に広がり、2016年、イギリスの公共放送BCCによる“世界中から影響力を持ち人の心を動かす女性100人”に日本人として初めて選出された。(modelpress編集部)

情報:市川海老蔵、小林麻耶

【Not Sponsored 記事】