ジェラール・デウロフェウ

写真拡大

FCバルセロナは現在エバートンからACミランにローン移籍しているジェラール・デウロフェウの1,200万ユーロ(約15億円)での買戻しを公式に発表している。

【関連記事:デウロフェウ 来季はメッシと】

「バルサはエバートンとデウロフェウとこのオペレーションに必要な手続きを行う。そして、バルサと同選手の契約は2019年6月30日までとなる。」とバルサは発表している。

デウロフェウは現在U-21スペイン代表としてU-21 EUROに出場しており、gennti 
30日にクラクフでドイツ代表と決勝を戦っている。

バルサの下部組織で育成されたデウロフェウは2014-15シーズンのプレシーズンをルイス・エンリケの下スタートさせたが、結果的にエンリケの構想に入らず、セビージャにローン移籍している。

セビージャ、エバートン、ミランを経て、デウロフェウはバルサに復帰し、トリデンテがいるなかで自らのポジション獲得を狙う。