愛犬家キアヌの痛快皆殺し映画『ジョン・ウィック』の続編『ジョン・ウィック:チャプター2』が7月7日より公開となります。

【ストーリー】
伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

そんな『ジョン・ウィック:チャプター2』がシュール系一コママンガ「サラリーマン山崎シゲル」とコラボ! キアヌ・リーブス演じる伝説の殺し屋・ジョン・ウィックと、サラリーマン山崎シゲルの異色の共演が実現しています。

1コマ目には、全世界の殺し屋に狙われるジョン・ウィックが登場。いかつい拳銃で狙われる中、その中に可愛いネコが飛び出すおもちゃ銃が混じっている?! 愛犬家として名高いジョン・ウィックに対して、血も涙もない攻撃が仕掛けられており、何とも言えない表情で困惑する姿に思わずクスリとさせられます。

2コマ目では、ネコ銃を扱うサラリーマン山粼シゲルが登場し“ボボスボスボス”と連射してジョン・ウィックをさらに攻撃! 思わずジョンは「うわ-……殺し屋の中に変なのまじってるわ〜…」とボソっと呟くと、「山粼くんダメだよ ちょっと!ねえ!」と必死に攻撃を止めようとする課長が描かれており、伝説の殺し屋への非情な攻撃に焦っている様子。しかし無表情で攻撃を仕掛ける山粼シゲルはその襲撃を止めません。

今回のコラボについて配給担当者は「鬼気迫る伝説の殺し屋として登場するジョン・ウィックを、 日本のファンの皆様にさらに親しみを持っていただきたいと考えていました。ジョン・ウィックさながらにブレずに信念を貫き通す企業戦士(?)、 サラリーマン山崎シゲルさんと親和性があると考え、作者の田中氏に依頼をしました。本作のファンであった経緯もあり、快く快諾いただけました。コラボレーション出来、大変嬉しく思っております!」と起用理由を明かしています。今回はシュールな作風となっていますが、本作は目くるめくアクションに驚愕せずにはいられない作品、ぜひ劇場へ。

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』特別映像
https://www.youtube.com/watch?v=YiMhTtRadRQ

サラリーマン山崎シゲル
https://twitter.com/hikaru_illust [リンク]